MONKEYPOD

モンキーポッド

  • photo
  • photo
SIZE:
W1000 ~
TYPE SELECT:
脚のデザイン・高さ・位置が選べます。
分類:
マメ科 ネムノキ亜科 環孔材
原産:
フィジー

日本では、某家電メーカーのCM でも頻繁に使われたことにより有名なモンキーポッド。
名前は知らなくても枝を左右対称に大きく広げた形とそれによって大きな木陰が出る姿を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

フィジーや中南米諸国、ハワイや東南アジア諸国といった気温の高い地域で良く見ることのできるモンキーポッド。
その呼び名は、猿(モンキー)がその実(= ポッド)を好んで食べることから来ていると言われています。
雨が降る前になると、自然とその葉を閉じることから、天候を知らせる木として古くから人間との関わり合いもたいへんに強い木です。その大きな木陰に守られるように木の下で寛ぐことは現地の人々や観光で訪れる人々にも最高の贅沢であり、人気となっています。そんな安心感は一枚板テーブルになっても変わりません。
家具だけではなく、民芸品や工芸品・食器などにも幅広く使用されているモンキーポッドですが、やはりその魅力が最大限に発揮されるのは一枚板テーブルになったとき。
濃淡の強い木目と空間に確かな存在感を与えるその色合いはまさしく空間の象徴となるものであり、見る人、そこに集まる人に拠り所となる安心感を与えてくれます。
無垢材家具特有の木肌の手触りや温もりと相まって、モンキーポッドの木の下で過ごすような癒しを与えてくれるはずです。

モンキーポッドの魅力はやはりその独特の表情とユニークで雄大な木目感。
不規則に現れる褐色の縞模様の織り成す表情が抜群の存在感を醸し出します。 この縞模様は見る角度によって違った光沢が現れるだけでなく、濃淡の茶褐色からこげ茶と複雑な柄が絡み合い、ワイルドな雰囲気の中にも上品さがあります。 辺材は白く、心材は黒味がありコントラストも楽しめます。