TARI

タリ

  • photo
  • photo
SIZE:
W1000 ~
TYPE SELECT:
脚のデザイン・高さ・位置が選べます。
分類:
マメ科 散孔材
原産:
コンゴ

灼熱の大地、アフリカ大陸で広く見ることのできるタリは、昔からその樹皮の薬としての効果の高さから現地で多くの人たちに親しまれてきた木です。
その薬効も地域によって様々。例えば、シエラレオネでは下剤として使用され、コートジボワールでは若い枝の樹皮を粉砕し、水に混ぜた物を天然痘患者の皮膚に塗ります。
最近ではアフリカで伝統的に行われている治療法に科学的根拠を持たせるための実験が行われ、タリの根皮には抗炎症の効能があることが証明されました。
常に昔から自然と共にあり、その自然を正しく生かしてきた先人の知恵が立証されることとなったのです。

橋梁や公共施設の床材・デッキ、船舶等のインフラにも使用されてきました人々の生活に密接に関わる木です。

当然、一枚板テーブルのような家具材として利用するからにはその装飾性や耐久性、家具材としての適性も重要ですが、その点もタリは折り紙つき。
伐採直後はどちらかというと黄色やオレンジ色に近い色合いですが、時間が経つと赤褐色もしくは暗褐色へ変化します。そのため、無垢材家具で使用する際には落ち着いた風合いを楽しむことが出来ます。
また、白太部分と心材の色合いの差は明瞭でコントラストはくっきりしています。
耳付きの一枚板テーブルならではのグラデーションもたいへん魅力です。
立ち木の状態での直径は約1m、樹高は40m程になる大木です。
人類発祥の地とも言われるアフリカで長い時を人と共に歩み、人々の生活に寄り添ってきた銘木が遠い距離と時間を越えて、今度は遠く離れた日本で貴方の暮らしのそばで常に寄り添います。
お気に入りの空間で悠久の風景に思いを寄せる、そんな一枚となってくれるはずです。