cherry

華やかで優雅なひと時チェリー:CHERRY

時の流れに磨かれた木肌の滑らかさ、本物の艶と輝き

主張しすぎることなく、どんな空間にも美しく調和するチェリー。光を程よく抑える木肌は、人とモノとの間に見えない架け橋を渡し、やすらぎに満ちた時間をもたらします。使い込むほどに光沢を放ち、くつろぎの空間に華やかさと温もりをプラスします。

アメリカンブラックチェリー

おもな産地は、アメリカ東部全域(ペンシルバニア、バージニア、ウエストバージニア、ニューヨークの各州)に及びます。現在、北米大陸には約30品種のサクラ類がありますが、その中でも絶大な人気を誇り、現代の最高の木材のひとつとして君臨しているのが、アメリカンブラックチェリーです。

この種は、日本のヤマザクラなどと同じくバラ科に属しています。最高のパイプ材として世界の愛好家から絶賛されているほか、木片は燻製の時にチップとして使うと、まろやかな味に仕上げることができます。また、木には直径1cm程の果実「アメリカンチェリー」が実り、赤から黒く熟し、食用になります。

製材したての心材は淡い薄桃色をしていますが、年月の経過の中で紫外線の影響により、変色するのが特徴。最終的には飴色に近い濃い赤褐色になり、その劇的な変化から「使い込むほどに風合いを増す」という無垢材ならではの特性を実感することができます。材面は緻密で滑らかな木肌を持ち、磨くだけで美しい光沢を得ることができるうえ、水に強く、家具になった後の耐久性にも優れています。

生長の過程や気候の変化で起こる縮みにより、「さざなみ紋」(リップルマーク)と呼ばれる独特の紋様が表れることもあり、その美しい表情が多くの人を魅了し続けています。また、樹液を多く含んでいるため、生命力の強い木ほど黒い(樹液の)斑点が見られるのが特徴です。

そのような生き様を、木目に残すことで生まれた豊かな表情が、チェリー独特の存在感を強調。時を重ねるごとに、じっくりとその魅力を楽しむことができる木材として、世界的に高い人気を集めています。