2017.07.18
「懐かしさと新しさと」

皆さん、こんにちは。

毎日、全国でうだるような暑さが続きます。

蝉の鳴く声が聞こえてくると「ああ、夏だなあ」と感じるブログ担当ですが、今年はいつもより聞こえてくるのが早い気が…。

それだけ暑いということでしょうか。

体調管理などにはしっかりと気を付けて、よい夏を過ごしたいものですね。

 

今回ご案内するのは、お若いご夫婦と2人のお子様がお住まいになる一戸建て。

同じ敷地にはご両親の家があり、程よい距離感で皆が安心して暮らされています。

立派な木々が生い茂る庭に囲まれた住まいは、ふんだんに自然光が入り無垢材のキッチンや家具、床などを照らしています。

BL17071801.jpg

 

設計者の本間 至さんは

「庭に囲まれた敷地内でどのように景色が暮らしの中で目に飛び込んでくるか、その位置づけから設計した」

とのこと。

 

そんな緑の風景との共演に選ばれたのが無垢材でつくられたキッチンとダイニングセット。

その落ち着いた表情は本間さんのつくる無駄のない空間にしっかりと馴染んでいます。

キッチンの背面収納の扉は框組に鏡板、手前の収納は細かく割った羽目板仕様。

白い漆喰の壁に組み合わせられると、モダンでありながらどこか昭和の家のような懐かしさも漂います。

 

キッチンとダイニングの間にある高さ930?のカウンターは料理の受け渡しと収納スペースを兼ねながら、家具的な表情を空間に与え、全体の統一感がつくられるのを助けています。

背面の大容量の収納は奥様のデスクも併設。

作業スペースを含めた総高を700?と抑えたことでダイニング側から家電などが見えるのを避け、椅子に座っても丁度いい高さとなる工夫が。

 

BL17071802.jpg

キッチンとダイニングテーブルは会話が心地よい距離感。キッチン前面の収納性もバッチリ。

BL17071803.jpg

長さ2.5mのキッチン。キッチンの奥の小窓から緑が見える設計手法にも注目。

 

テーブルはキッチン部分と同じくナラ材を使い、全体の統一感を出しながら、チェアはウォールナットを採用し、ナラの持つ素朴さとウォールナットの持つモダン性がお互いを引き立たせています。

シャープな造形でまとめられたデザインは、この空間との相性が抜群。

 

「自然体で過ごせる場所に」

そんな本間さんの思いとご家族の思いを実現するのに、暖かな無垢材家具やキッチンが一役買っています。

穏やかに年月を刻むお住まいの「この先」を見たい。

そう思わせてくれる空間です。

 

S様、本間様、ご協力ありがとうございました。

これからもこちらのお住まい、そして家具と一緒に素敵な年月を過ごして頂けますように。

 

協力:有限会社ブライシュティフト一級建築士事務所 

NPO法人「家づくりの会」

 

今回ご案内した画像は家具蔵WEBサイトでもご覧頂けます。

http://www.kagura.co.jp/division/architect/

 

また、その他の家具の詳細はこちらかもご覧頂けます。

テーブル「ダイニングテーブル ダン」(http://www.kagura.co.jp/table/table_dan.html

チェア「チェア グレア」(http://www.kagura.co.jp/chair/chair_glare.html)

   「チェア プローネ」(http://www.kagura.co.jp/chair/chair_proner.html)

BL17071804.jpg

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.07.03
「幸せな融合」

皆さん、こんにちは。

7月に入り、そろそろ夏休みの計画が本格的になってきた方も多いのでは?

旅行は行く前・旅行中・帰ってきたあと、3回楽しむことができる、と言う方もいます。

そんな話を聞いて、家具選びも似ているな、と思いました。

選んでいる最中、購入した時、お住まいに届いてから、とやはり3度楽しむことができるのでは、と。

旅行の思い出はずっと残る素敵な宝物。

家具も日々の暮らしにいつまでも寄り添うものをお届けしたいと考えております。

 

ちょっと変わったタイトルが付いている今回のブログ。

パッと見ではわかりませんが、このお住まいのキッチン、既製のシステムキッチンなのです。

手前のカウンター収納やその他の家具は家具蔵で製作したもの。

つまり、システムキッチンと無垢材家具の「融合」というわけです。

 

070301BL.jpg

玄関からLDKに入ったところ。美しい存在感のあるサイドパネルが機能的。

 

こちらのW様のお住まいは住み慣れたご実家を建て替えた二世帯住宅。

その間取りの中でどうしても抵抗があったのが玄関からキッチン脇を通ってリビングダイニングへ抜ける動線だったといいます。

キッチンが普段の生活でも来客時でも丸見えになってしまうことが悩みだったW様に家具蔵からのご提案は

「対面カウンター続きの木製パネルで手元を隠し、背面収納も同じ素材で製作する」というもの。

既製のシステムキッチンと手前のカウンター収納をつなぐ美しい羽目板のサイドパネルが、キッチンの手元やシンク周りなどを程よく隠してくれます。

 

コンロ前の壁を取りこむように一体型の収納でキッチンをカバーしてくれる設計、傾斜天井や窓を活かした背面収納の対応力。

オーダーメイドでお客様の希望やアイディアをカタチにすることができる家具蔵の真骨頂ともいえる出来上がりにW様も

「これまで欠点と思っていた部分が逆に自慢のキッチンインテリアになってくれて、毎日見るたびに嬉しくなります」とのお言葉。

W様と打合せを重ねてつくられたチェリー材でまとめられた他の家具も機能性を十分に持たせながら、統一感と空間の暖かさを演出しています。

 

070302BL.jpg

長いカウンターは空間の奥行き感を助長してくれます

 

070303BL.jpg

窓の位置を計算した配置は置き家具とは思えない納まりの良さ

 

この案件は家具の配置や設計はもちろんのこと、窓の大きさや高さからくる「居心地」や「落ち着き」といった図面上では計り知れない観点からのアドバイスや、建築そのものに言及した提案があってのもの。

家具以外の「住まう」という大きな視点から御客様と対話するカグラスタイルが存分に溢れた空間は、奥様の気配りの効いた植物や雑貨が彩りを添えながら、日々進化しているのです。

年月を経て美しく変化するチェリー材同様、このお住まいがこの先どんな姿を見せてくれるのか。

我々もたいへん楽しみです。

 

W様、ご協力ありがとうございました。

これからもこちらのお住まいと家具と一緒に素敵な年月を過ごして頂けますように。

 

今回ご案内した画像は家具蔵WEBサイトでもご覧頂けます。

http://www.kagura.co.jp/division/kitchen/

http://www.kagura.co.jp/orderboard/

また、その他の家具の詳細はこちらかもご覧頂けます。

テーブル「ダイニングテーブル ピュア」

チェア「アームチェア アルコ2」(http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_arcoII.html

「アームチェア ヴォーグ2」(http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_vogueII.html

「アームチェア ヴィンテージ2」(http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_vintageII.html

「アームチェア リーベン」(http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_lieben.html

こちらもどうぞご覧下さい。

070304BL.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.06.20
「"魅せる"新感覚のリノベーション」

皆さん、こんにちは。

6月に入っても気持ちの良い晴れの日が続きます。

ブログ担当の所属店舗前は、午前中に近くの保育園のお子様方の散歩コースとなるのですが、晴れ続きで毎日のように可愛らしい声が通りすぎていきます。

雨が降らないのも後々のことを考えると…ですが、こんな風景を楽しむことができるのも空梅雨の恩恵なのでしょうか。

さて、今回は最近、とみに勢いを見せるカフェスタイルマンションリノベーションについて。

味わいのあるクラフト感が心地よいこの部屋もまた、築15年の一般的なマンションが表情をガラリと変えた好例です。

BLOG17061901.jpg

 

上の画像の部屋はリノベといっても間取りは殆どそのまま。

壁や床、ドアなどのディテールの違いだけで空間のイメージは大きく変わります。

 

例えば、壁に木材をあしらうにしても無粋に壁全体を覆ってしまうのではなくあえて一部だけにしてコストを抑え、且つ印象的なデザインに仕上げる。

ここでポイントなのは通常は壁下地などに使われるラーチ合板をランダムな幅・厚さで隣り合わせて貼ったこと。

ラフな雰囲気を残しながらも、それをデザインとしたかたちです。

 

斑紋のようなニュアンスがユニークでお洒落なグレーの壁面。

下地用のモルタルをそのまま塗装したもので、これも一般的なクロスを貼るよりもずっと洗練された個性となっています。

 

他にも扉表面に杉板を張り付けたキッチン、チェッカーガラスを採用した木製ドア…。

どこか懐かしさを感じさせながらもカフェスタイルの空間が出来上がりました。

BLOG17061903.jpg

無垢のチェリー材を使った家具たち。明るいアッシュ材を床にしたことでより家具が映えます。

 

こういったラフな感覚を大事にした場では、家具やインテリアの合わせ方が一層大事になってきます。

一歩間違えればせっかくの空間もチープなものになりかねません。

気をつけなければならないのは程よい「メリハリ」。

空間がラフだからこそ、そこに置くインテリアは「質」にこだわる。

例えるならヴィンテージのジーンズに綺麗めなジャケットを合わせる大人の抜け感。

 

そんな洗練された空間はいつもの我が家をとっておきの空間に変身させてくれるはずです。

 

いかがでしたか?

今回ご案内した画像は家具蔵WEBサイト内でもご覧頂けます。

http://www.kagura.co.jp/division/architect/

また、ブログ内でご紹介している家具の詳細はこちら。

・「ダイニングテーブル カーム」(http://www.kagura.co.jp/table/table_calm.html

・「チェア レスタ」(http://www.kagura.co.jp/chair/chair_resta.html

・「ソファ モデルノ」(http://www.kagura.co.jp/sofa/sofa_moderno.html

・「チェスト ダン?」(http://www.kagura.co.jp/board/dan/chest_dan_handle.html

こちらもどうぞご覧下さい。

BLOG17061904.jpg

協力:株式会社アーキプロジェクト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.06.01
「歴史を刻む家と風合いを重ねる家具」

皆さん、こんにちは。

6月は梅雨の時期とはいえ、まだまだ初夏の心地よさもしっかりと残っていて、外を歩くのに

とても良い時期です。

紫陽花はまだまだ盛りではないですが、菖蒲やアヤメは今が見頃。

ふと足元に視線を落とすと、色とりどりの花たちがいつもの道を飾っています。

 

今回はそんな季節の移り変わりを肌で感じることのできるロケーションのお住まいと家具蔵のご縁のお話を。

 

BLG060701.jpg

 

I様邸に一歩足を踏み入れると、そこはまるで洋館を訪れたかのような風格。

ダイニングルームから眺める庭には季節の植物が咲き誇り、四季の便りを肌で感じることができます。

そんな大人な空間に無垢材でつくられた端正なキッチンと円卓たちが仲間入りしたのは意外なことに冷蔵庫の不調。

奥様も、たくさんのお客様を迎えてきたこのキッチンも替え時が来たと感じました。

「夫婦で過ごす時間が増えた今はキッチンをもっと落ち着いた場所にしたいと思うようになって」と仰る奥様。

輸入家具から内外の工芸品、美術品まで日常的に良いものに触れてきたことからキッチンにも同じ意識を持って良い物を探されていました。

 

折しも家具蔵でオーダー家具を製作した経験のあるお嬢様からのお声掛けで始まった家具蔵による上質なキッチンづくり。

「木綿のように気取らず、丈夫で、でも端正で美しい」そんなイメージとナラ材の持つ雰囲気がぴったりマッチしました。

羽目板仕様の吊戸棚や新設の4面それぞれに用途が違うアイランドカウンター、勝手口にも同素材の収納を配置したキッチンはモダンを感じながら、少し懐かしい雰囲気も持っています。

BLG060702.jpg

アイランドカウンターには4面に開き扉・オープン棚・タオルバーなど配置

 

そしてテーブル。

トップライトと折り上げ天井はこのお住まいのシンボルスポットともいえる場所。

その真下に配置された、直径1500?の円卓と、探し続けた本当に座り心地の良い椅子はようやく実現したこの空間に相応しい風景となりました。

折り上げ天井のハイサイドライトからは自然光が、夜は北欧デザインの照明が優しくダイニングを照らします。

BLG060703.jpg

「キッチンと食卓、それぞれから見える景色が繋がって見える嬉しさがあります」とは奥様のお言葉

 

威厳ある佇まいの外観とは裏腹な、ほっとするような空間のあるお住まい。

歴史を刻む風格ある邸宅には、ずっと前からそこにあって一緒に歴史を刻んできたような風合いを持つキッチンと家具が仲間に加わりました。

 

I様、ご協力ありがとうございました。

これからも素敵なお時間をこの場所で過ごして頂けますよう。

BLG060704.jpg

今回のブログの内容はWEBサイト内「家具蔵のキッチン」(http://www.kagura.co.jp/division/kitchen/)でも画像をご覧頂けます。

また、今回掲載のダイニングテーブル、チェアは以下のページで詳細がご覧頂けます。

・ダイニングテーブルピュア(http://www.kagura.co.jp/table/round_table_pure_h.html

・アームチェアヴィンテージ?(http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_vintageII.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.05.22
「"暮らしを楽しむ"森の中のキッチン」

皆さん、こんにちは。

5月は初夏の陽射しと爽やかな風が嬉しい季節。

季節を存分に感じながら自分の時間を過ごすことは、とても贅沢な時間です。

今回はそんな時間を過ごせる、特別な空間をご紹介します。

 

BLOG0522005.jpg

M様ご夫妻のメゾンは日本有数の別荘地、小渕沢にあります。

 

細部まで練り上げられた住まいの中でも一番の特等席は、ウッドデッキに面した吹き抜け空間の下にある、文字通り「家のど真ん中」に配置された大きなオープンキッチン。

正面には小渕沢の爽やかな森が広がっています。

 

BLOG052201.jpg

庭に向けて設けた堂々とした佇まいのキッチン。深い色合いのウォールナットが空間を引き締めます。

 

「普通、オープンキッチンはリビングに向いているでしょ?

それがウチのは外に向いている。

皆さん、こんなの見たことないって(笑)」

とはM様のコメント。

 

細部までご夫妻のこだわりを実現したオープンキッチンには、手仕事で仕上がった家具蔵の無垢材家具たちが彩りを添え、ゆっくりと静かに流れる夫婦の時間を演出しています。

 

BLOG0522004.jpg

リビングとの境にあるカウンターテーブルはバー気分を味わう事の出来る憩いの空間

 

世界にここだけの景色を眺めながら、唯一無二のオーダーキッチンで料理や食事の時間を過ごす。

生活に欠かせない行為をとことん楽しむことのできる「暮らしを楽しむ」空間がそこにはありました。

 

BLOG05202.jpg

庭採れのハーブを使いながら、楽しく料理が進みます

 

今日もまた、自然に囲まれた素敵な時間が流れていきます。

M様、ご協力ありがとうございました。

 

BLOG052203.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.05.08
「ウォールナットがつくる癒しのカウンセリングルーム」

皆さん、こんにちは。

大型連休も終わり、街はどんどん緑が濃くなっています。

じつは5月は花の種類が一番多い月でもあります。

バラ、シャクヤク、菖蒲、カキツバタ…。

色とりどりの花が道行く人に癒しと安らぎを誘っていますね。

 

癒しといえば、今回はこんな癒し空間のご紹介を。

B様邸へのご納品実例をご紹介したいと思います。

 

B様のご職業はカウンセラー。

ご自宅の一室を利用したカウンセリングルームは、クライアントの方が心地よく過ごせるインテリアと、執務をスムーズに行うことができる機能性を細部まで検討しながら形になっていきました。

 

BLOG583.jpg

 

威厳すら感じる、落ち着きのある空間を飾るのに選ばれたのは、賢樹「アメリカンブラックウォールナット」。

漆黒とも濃茶とも艶紫とも表現できるその木肌は思わず触れてみたくなる滑らかさ。

また、射す陽光にも、暖かな色彩の照明にも美しく木目をたたえます。

 

デスク後ろの大型収納のフラップ扉はプリンターやFAXが収納され、使用する際には手元に引き出すことが可能。

コーヒーメーカーはスライドトレーで収納され、サーブする手元が見えないような細かな配慮が成された、受注生産だからこそ成し得る世界に一台の家具に仕上がっています。

 

BLOG581.jpg

 

BLOG582.jpg

機能性と美しさを両立させました

 

 

幻想的な光、自然の恵みである太陽の光、そこに太古から人と繋がってきた胡桃の樹とが素敵にマリア―ジュしたカウンセリングルーム。

モダンな雰囲気も併せ持つ、その空間はきっと、たくさんの人を癒してくれることでしょう。

BLOG584.jpg

F・L・ライドの照明も華やかさの演出に一役

 

B様、ご協力ありがとうございました。

今後とも、ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.29
「ゴールデンウィークキャンペーンのお知らせ」

皆さん、こんにちは。

気が付けばあれだけ咲き誇った桜も既に緑の葉を蓄え始め、次の季節へ向けての表情を見せてくれる時期になりました。

もうすぐ5月。

新緑の眩しい季節は4月とはまた違った、何かの始まりを予感させてくれる力を持っています。

 

さて、今回は家具蔵全店にてゴールデンウィーク期間に行われる新商品の発表やキャンペーンについてのお知らせです。

 

●希少天板のアフリカ材、大量入荷!

ここ最近、にわかに注目を浴び始めているアフリカ大陸原産のいわゆる「アフリカ材」。

一枚板にできるような大径木でも良質かつ他にはない色彩を持つ木も多いことで、俄然支持されるようになってきました。

絶滅危惧種になっているようなものも多く、一般的な知名度とは裏腹にその希少性も人気の秘密。

生命発祥の地とも言われる雄大な大地で生まれた天板たちが家具蔵に大集結します。

その彩り豊かで無二の表情の一枚を、是非、貴方のお気に入りの空間に。

BLOG4291.jpg

個性豊かな表情の天板たちが並びます

 

●新作キッチンできました!

憧れの木のキッチンがある生活を多くの方に叶えて欲しい。

そんな理想を追求し、価格は抑えながらも上質な無垢材をふんだんに使用したキッチンが完成しました。

新作の「キッチンエミネント」は、経年による表情の変化や使い易さを追求したデザインなどは、家具蔵の他の家具そのままにサイズやパターン、樹種も豊富に揃えています。

同時にキッチンには欠かせない背面収納も更に充実。

「キッチンボード エミネント」「キッチンボード モデルノ」といった定番の両シリーズで、こちらもサイズやパターンを豊富にご用意。

機能性と優美さ、木の優しい風合いが同居する稀有なキッチン、この機会に取り入れてみませんか?

BLOG4292.jpg

実際に触ってみると手に驚くほど馴染みます。ご自宅のキッチンと比べてみてください。

 

その他、4月29日(土)?5月28日(日)までの30日間、トータルコーディネートをお手伝いする「プランニング相談会」、快適な日々の暮らしをサポートする「失敗しない家具選び相談会」、専門資格を持つスタッフによる「整理収納相談会」「キッチン相談会」など盛りだくさんの内容で貴方のご来店をお待ちしております。

 

自然の恵みを感じる爽やかな季節に、木の香りをふんだんに感じる家具蔵の店舗へ是非足を運んでみて下さい。

きっと、新しい発見や素敵な出会いがあるはずです。

スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。

BLOG4293.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.28
「自分に合ったチェアを探すために ー情報サイトで家具蔵が特集されていますー」

皆さん、こんにちは。

今回は?アイダ設計様が運営する、家づくり情報サイト「ieny(イエニイ)」にて、家具蔵のチェアと「自分に合った椅子の選び方」が掲載された、そのお知らせです。

 

当然、ダイニングチェアもインテリアの一部ですから、見た目やデザインを重視するのは当たり前のこと。

しかし、チェアは人が身体を預け、触れる時間が最も長い家具。

デザインだけではない、座り心地が一番重要になってきます。

また、靴と一緒でその感じ方や機能性も千差万別。

デザインと座り心地が共存し、そして飽きが来ず、長く使えることがチェアの欠かせない条件。

そんな「一生の友」をお探しの方は必見です。

 

「家づくり情報サイト ieny」

https://ieny.jp/post/457

BLOG4281.jpg

チェア愛に溢れるスタッフが椅子選びをご案内!

 

もうすぐゴールデンウィーク。

その計画を立てる時、帰宅して疲れた体を休める時、旅先の思い出を皆で語り合う時。

素敵なインスピレーションが湧き、疲れた体もじんわりとほぐれ、皆が自然と集まる場ができあがる。

そんな力が「自分に合ったチェア」にはあります。

皆さんもここをご覧頂き、是非実際に見て、座って、ご自身で確かめてみて下さい。

スタッフ一同、お立ち寄りをお待ちしております。

BLOG4282.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.27
「家具蔵 自由が丘店オープン19周年のお知らせ」

皆さん、こんにちは。

今回のブログ担当が在籍する家具蔵自由が丘店の前は、近隣にある大学への通り道にもなっており、朝と夕方は通学の方の明るい声が賑やかに聞こえてきます。

勿論、他にも小さなお子様を連れた方やビジネスマンの方、感度の高い街ならではのお洒落な方…。

様々な層の方が通りを彩っています。

 

そんな自由が丘に家具蔵がオープンしたのは1998年4月27日。

そう、19年前の今日なのです!

今年大学に入学される方の多くが1998年生まれ(=19歳)であり、当時は生まれたばかりの赤ちゃんであったことを考えると、道行く大学生の方々を見ながらその時間の長さにあらためて驚きます。

4.27b2.jpg

家具蔵自由が丘店 19周年を迎えました!

 

その長い年月が過ぎるなかで培った、数々のお客様の記録は多くの方に愛され、そしてたくさんの方の日常に「木のある暮らし」をお届けしてきた証。

そんな自由が丘店が、お蔭様で19回目の誕生日を迎えることができましたことを、社員一同、心より感謝申し上げます。

 

これからも木の良さ、無垢材家具の素晴らしさ、職人技の美しさを皆様にお届けし、「長く続く優しい幸せがある生活」をご紹介していきたく思います。

今後とも、何卒ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

4.27a.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.17
「色彩の調和が心地よい住まい -M様邸御納品記-」

皆さん、こんにちは。

4月も半ばを迎えましたが、皆様いかがお過ごしですか?

職場や学校、お住まいなど新しい環境に身を置かれて、まだまだ慌ただしい日々をお過ごしの方。

春の陽気と近づいてくるさわやかな季節に想いを馳せている方。

色々な心の色彩が交錯し、稀有なバランスを奏でる、ある意味特別な季節です。

 

今回はそんな「色彩の交錯」と「バランス」が見事に表現されたお住まいをご紹介します。

 

とあるマンションのリフォームを機にM様ご夫妻がご来店されたのは昨年の夏の終わりごろ。

ご夫妻が理想とされた空間のイメージは、自然素材をふんだんに使用した「安らぎの空間」。

そんな折に家具蔵で出会った無垢材・無着色で仕上げた、自然が生み出した色彩で彩られた家具達。

特に奥様の心を惹きつけたのは、毎日の食事をオーガナイズするキッチンを無垢材で仕上げ、LD部の家具と共に空間を一体化させる、家具蔵得意の空間づくり。

理想の空間をつくり上げるための重要なパートである「素材」の選別の際にはご主人様・奥様は勿論、ハウスメーカーの担当者の方、家具蔵在籍の設計士や多様な案件をご案内してきたプロスタッフが何度も打合せを重ねました。

4-1.jpg

密な打ち合わせを重ねて、世界に一つの家具ができあがります(写真はイメージです)

 

ご夫妻のお好みと全体のバランスを考慮しながら決定したのは、空間全体は明るく爽やかなメープル材を配置し、清潔感を演出し、ゆったりと寛ぐことを目的とするリビング部にはウォールナットを入れ、大人の雰囲気をつくりあげる空間。

結果、自然素材同士の組合せであればそれぞれがしっくりと馴染み、空間を彩ってくれる観点を証明する、至高の空間が出来上がりました。

K.DSbl4.jpg

檜の床・珪藻土の内装に「木の真珠」と言われるハードメープルの輝きが映えます

 

ちなみにご夫妻のこだわりは、床材や内装材、照明にも。

古来より香りや手触りが親しまれてきた檜(ひのき)をLD床に、寝室の床材はウォールナットと空間の目的によって変え、壁面は凹凸が美しい、自然味溢れる珪藻土。

また、空間が広く感じられるようにLD部の照明はダウンライトのみとして、キッチンの上部は間接照明を取り入れる演出も唸らせます。

 

家具のご納品時にはイメージ通りの明るく、優しさと清潔感が同居する空間に仕上がった、とお喜び頂けました。

M様、ご協力誠にありがとうございました。

家具蔵ブログではこうした御納品実例をこれからもどんどんご紹介していきます。

是非、楽しみにしていてくださいね!

Cbl1.jpg

高台に臨む邸宅はキッチンやダイニングからの眺めも極上です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加