10年間、家族の真ん中には
いつもこの大きなテーブルがあった

vol.01 ナラのダイニングテーブル 東京都 目黒邸

vol.01 ナラのダイニングテーブル 東京都 目黒邸

10年ぶりに訪れた目黒邸には、子供たちの元気な声があふれていた。前回、訪問時には、まだ生まれていなかった二人が7歳と4歳。団らんのリビングには、結婚を機に揃えられた木の家具が家族を見守るように静かに佇んでいる。歳月とともについたささやかな傷は、笑い皺のようにさえ見えた。「このテーブルには我が家の思い出がいっぱい詰まっているんです」と、いとおしそうにナラの天板を撫でる郁子さん。まだ子供がいないころ、ご夫婦でお正月休みに何日もかけて、この大きなテーブルでジグソーパズルの大作を完成させたこと。生まれたばかりの子供たちのおむつ替えは、いつでもこのテーブルの上だったこと。家族の誕生日には、主役がいつもこのテーブルでケーキのロウソクの火を吹き消すこと。家族の真ん中には、いつもこのナラのダイニングテーブルがあった。それはこれからも変わらないだろう。アームチェア“ヴォーグ”は、最初にナラで2脚を購入。その座り心地の良さを気に入って、あとからウォールナットで2脚追加。家族が増えるように、家具も増えていった。「子どもたちの部屋もあるんですけど、いつもここで遊んでいますね。勉強もごはんもこのテーブル。大きいから作業もしやすいんですよ」と郁子さん。「子どもがいるから、汚れやちょっとしたキズなんかも気にしない」と笑うが、10年経ったとは思えないほど天板はきれいだ。「長男は、家具蔵でウォールナットのデスクを選んだんです。長女にも『私はサクランボの木の机ね』って、チェリーのデスクをねだられています。子どもたちも無垢の木の家具で育っているから、やっぱり好きなんでしょうね」と、嬉しそうに話す浩一郎さん。家具蔵で使用する選りすぐりのナラは、10年前よりもはるかに貴重な木材となった。しかしこのナラのテーブルと生まれたときからずっと一緒にいる子どもたちにとっては、そんなことは関係なく、これから先いつまでも、気兼ねなく遊べる幼なじみのような存在に違いない。

XX
20年間、家族の真ん中にはいつもこの大きなテーブルがあった。自由な発想で2種類の材を組み合わせ、お二人にとっての居心地の良い空間を作り上げていた。ナラの素朴な触感と活力溢れる木目感、そしてウォールナットの温もりある木肌と魅惑的な表情とが見事な相乗効果で違和感無く調和する空間になっていた。
XX
ゆらぎを持った自然な形状の天板にきちんと収まるアームチェア“ヴォーグ”。「座り心地のよさもそうでしたが、テーブルにきちんと収納できるところが決めて手でした」と当時を振り返るご主人。
XX
作りつけの壁のミラーとぴったり合った、ウォールナットのサイドボードは存在感がありながら、空間に馴染むシンプルなデザイン。スタイルを問わずディスプレイを楽しめる。きれいにつながった引き出しの木目に、丁寧な職人技が光っていた。
XX
ナラのアームチェアに午後の陽射しが当たる。丁寧に削り込まれた造形美は、眺めていても気持ちがいい。
XX
サイドボードの引き出しには、文房具など普段みんなが使うものが入っている。削り出した取っ手が、手にやさしく馴染む。
XX
指にしっくりと馴染む削り出しの取っ手は、結衣子ちゃんもお気に入り。また、扉の開閉時のカチッという手応えは思わず悪戯をしたくなるような感触のよさ。
XX
丈一郎君が自ら選んだウォールナットのデスク。ちょっと誇らしげの顔には木への慈しみが感じとれた。
XX
先人たちが築き上げてきた伝統の指物技術で、最も難度が高いとまでいわれる「留め」と「抽斗」の仕事を、現代の技術でより精緻さを追求した“ダン”シリーズ。モダンデザインの中に深い伝統が根付いている。
XX
新品のデスクで自慢のブロックを見せてくれた。お気に入りのウォールナットのデスクは大人になってからもずっと使い続けていける。このデスクにも、素敵な思い出がたくさん詰まっていくだろう。
XX
3つ違いの兄妹は、とっても仲がいい。

掲載された商品