KAGURA OFFICIAL BLOG

「“希少”無垢材一枚板天板入荷!」

2019.4.7

みなさん、こんにちは。

桜の便りも続々と各地から届いて、まさに春到来ですね。

表参道店の近くに咲く桜もまさに今が見頃。

また、「善光寺」「青山霊園」といった桜の名所も近く、お花見を終えた方・これから向かう方のご来店も多くなるのが例年です。

週末ともなると多くの人で賑わう表参道店には「一枚板ギャラリー」と称した世界中の無垢材天板を一堂に集めたスタジオが併設されています。

無垢材天板、一枚板や供木のテーブルは製作までに長い期間を経るなかで、その間の保管や管理もたいへん難儀なものばかり。

そのどれもがたいへん希少なもので、その出会いはまさに「一生もの」。

サイズも樹種も豊富に、様々なものからお選びいただける一枚板ギャラリーは都内や近隣の県だけでなく、日本中からのお客様に「ここにしかない出会い」をご提供している場所です。

そんな表参道店に希少な無垢材一枚板天板が入荷してきたのでご紹介しましょう。

【ボセ】

あまり聞き慣れない名前かもしれません。

チェリー材とよく似た表情、色目を持つボセは、その見た目から「アフリカンチェリー」や「ピンクマホガニー」という別称で呼ばれることもあります。

そのたおやかで控えめな木目と適度なカジュアル感も併せ持つ、暖かな風合いは空間のスタイルや他に合わせる家具との相性を選びません。

それはアフリカの大地で育ったことによる、大いなる自然と悠久の時の流れの恵みもそうさせる一因かもしれません。

また、ボセはその名の由来=Bosse(こぶ)のとおり、瘤杢(こぶもく)という、まるで凹凸があるような杢が出ます。

この表情を活かした装飾品やアートも特にヨーロッパでは数多く作られ、特にアフリカ各地の宗主国であったフランスではたいへんメジャーな樹種です。

灼熱の大地アフリカの土と太陽の匂いと、フランスのエスプリが同居するボセの一枚板。

貴方の住まいにもきっと格調と風合いをもたらしてくれるはずです。

ボセの一枚板を使用したダイニングセット

【クス】

有名なアニメ映画でもストーリーのハイライトを演出する木として有名な「クス」。

日本各地にご神木として祀られるような高樹齢の大木が多いのですが、その立ち姿やいで立ちには何か人智を超えたものがあるからこそ、現代でも映画のワンシーンで使われたり、多くの人を引き寄せる何かがあるのかもしれません。

そんなクスは古くから人の生活に深く関わってきました。

薬の類や仏像の材料といった役割のほか、その腐敗への耐久性から川や近海を渡る舟にも多く使われてきたのです。

当然、家具材としても優秀で、特に無垢材一枚板天板とした際の全体のグラデーションや杢が織りなす表情は、見る角度によってもキラキラと光って常に飽きさせません。

信仰の対象にさえなる、そんなクスの一枚板を住まいと暮らしの中心であるダイニングテーブルとしてレイアウトすることは、とりもなおさず「神様を住まいにいただく」ことにもなるのではないでしょうか?

勿論、和室空間との相性も抜群で、座卓にしても良いでしょう。

そんなクスの一枚板、人気の樹種ですのでご興味ある方はお早めに。

クスの一枚板を使用したダイニングセット

【ウォールナット】

ご存知、広葉樹の代表格ともいえるブラックウォールナットも使いやすいサイズを中心に取り揃えました。

独特の落ち着いたトーンを抑えた色目と、徐々に明るさを増す経年での風合いの変化。

空間を選ばず、コーディネートの幅を広げてくれる万能性。

そして、高級材であるが故のそこはかとなく溢れるラグジュアリーな雰囲気…。

今回はそのウォールナットで自然味あふれる「節」などの表情が多く入り、且つ形状もユニークなものを多数取り揃えました。

ともすれば高級感だけが突出してしまうこの銘木に適度な表情の「味」が加わることでより様々な層の方に取り入れやすいものとなっています。

いまや家具材でも建材でも定番の素材として、ウォールナットを使用する方は珍しくなくなってきました。

そんなウォールナットに一味加えた世界に一枚しかない一枚板天板は、毎日の暮らしのグレードとクオリティを上げてくれることは間違いありません。

ウォールナットの一枚板テーブル(イメージ)

家具蔵の他の店舗でも数の大小はありますが同じように新規入荷の一枚板天板をご用意しています。

暖かくなってきたこの頃、表参道や青山界隈をお散歩がてら、または吉祥寺や銀座、自由が丘、横浜元町などを散策の傍ら「一生ものとの出会い」を見つけてみてください。

 

家具蔵表参道店のアクセス・お問い合わせはこちら

家具蔵で扱う無垢材一枚板のラインナップはこちらから

無垢材一枚板のコーディネート例はこちらから


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (172)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)