KAGURA OFFICIAL BLOG

「表参道店より大容量の無垢材キッチンボードのご案内」

2019.8.13

皆さんは、キッチンの収納、とりわけ「キッチンボード」と呼ばれる置き型の収納を考える時にどのようなデザイン、素材を思い浮かべますか?

マンション、一戸建てを問わず、作り付け(造作)や、キッチン本体と同様のシステム収納をセレクトした場合を除いて、「ここに収納を置きましょう」と準備されたスペースに、どんなものを選べば良いかを考えるのは意外に難しいという声もよく聞かれます。

特にキッチンボードはスペースの制約があるうえに求められる機能も多く、同時にオープンキッチンでダイニングからよく見える位置に置かれる家具として、素材感やデザインにもこだわりたい…など、考えなければならない要素がたくさんあります。

家具蔵ではそんなキッチンボードとして無垢材の素材感がしっかりと感じられるものを、バリエーション豊富に展開しています。

リビング・ダイニングに木の家具、無垢材家具を置いて、木のインテリアを中心に居心地の良い空間を実現したい、と考える方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

実は、キッチンボードは様々な収納家具の中でも、触れる機会・回数がダントツに多いものでもあります。

ふとした際に触れた引出しの取手の感触、天板にものを置いた時の音や使い込んで経年美化していく木肌の色ツヤは、単に収納家具を使う、ということ以上の喜びを毎日の生活にもたらしてくれます。

これからご紹介するものは、家具蔵の代表的なシリーズ、「エミネント」と「モデルノ」のキッチンボードです。

それぞれデザインだけでなく、素材の使い方やサイズ展開も少し異なります。

キッチンボード エミネント


中段には配線ソケットと通気孔があり、電子レンジなどの家電の収納スペースとして重宝します。

キッチン周りがすっきりと片付く高い収納力を持ちながら、全体の印象は軽やか。

収納位置も女性に使いやすい高さに設定してあります。

機能性とデザイン性を兼ね備えた、使い勝手の良い収納です。

オプションでスライドトレーを追加すれば、カウンター天板上が前方にスライドする仕様となります。

写真は幅1400タイプの一例となり、上部の引違い戸と下部の沢山の引出しが、キッチン周りで必要とされる収納を一気にカバーしてくれます。

(幅は970・1230・1400、高さは1900・2000が標準サイズとなります)

 

キッチンボード モデルノ


現代のライフスタイルに合う、スッキリとしたデザインと使い勝手の良さが魅力の無垢材キッチンボード。

食器棚としてはもちろん、リビングボードやブックボード(本棚)としても活躍します。

ひとつひとつ削り出され指に優しくかかる取手は金具を使わずに無垢材引き出し前板にはめ込まれ、「さすり仕上げ」で接合面の段差をなくしているので、使い易さ・耐久性も抜群です。

各所に無垢材をたっぷりと使用した、しっかりとした造りの中にも木の優しさや温もりが感じられ、和洋を問わずレイアウトできるシンプルで落ち着きのある大容量の無垢材ボードです。

(幅は800・1200・1380・1600・2000、奥行は450・520、高さは2000が標準サイズとなります)

 

いかがでしたか、今回は2タイプのキッチンボードをご紹介しました。

オープンキッチン、セミオープンキッチンでは、LDK雰囲気を左右する家具にもなるキッチンボード。

現在、表参道店には今回写真でご紹介した大容量のキッチンボードを展示しています。

この機会に実際の家具に触れ、使い勝手などイメージをふくらませてみてはいかがでしょうか?

 

家具蔵ではキッチンボードの他にもリビング収納、玄関収納など、セミオーダー家具のご相談も承ります。

ご相談時にお部屋のサイズや写真があると、より精度の高いご提案が可能となります。

皆さまのご来店をお待ちしています!

 

キッチンボードモデルノの詳細ページはこちら

キッチンボードエミネントの詳細ページはこちら

その他キッチン収納の事例も満載の無料カタログ5点セットのご請求はこちらから


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (238)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)