KAGURA OFFICIAL BLOG

「チェリー材の収納ボードの納品実例のご紹介 ~銀座店納品記~」

2019.7.22

皆さん、こんにちは。

関東の梅雨明けはもう少し先かな…、と思わせるような毎日が続いています。

そろそろ「カラッ」とした暑さが待ち遠しいこの季節。

雨が降ったり止んだりで安定しない天気なので、外出の予定が立てづらかったりしませんか?

そんな時、気分転換にもなり、気持ちもスッキリするのが「片付け」です。

なかなかまとまった時間が作れずに、いつの間にか部屋が散らかってしまっている…。

そんな方も多いはず。

家族みんながよく使う場所、自分のお気に入りの場所。

どこから手を付けて良いのか、というお悩みの声も多く聞きます。

そんな時には時間を掛けずに終えられる場所や、自分の好きな場所から進めていくことがおすすめです。

お部屋も気分もすっきりする一石二鳥の片付け。

今回はそんな片付けに必要な収納ボードをお届けし、片付けやインテリアが楽しくなったというお客様の納品実例を2組、銀座店よりご紹介します。

 

チェリー材のリビングボード


リビングボードの検討でご来店されたY様。

木の家具がとても好きで、実際にチェリー材の家具もご使用になられている方です。

そのお話をとてもにこやかな表情で語っていたことを今でもよく覚えています。

今回の収納計画のターゲットはハガキや印鑑などの小物類とCDのコレクション。

そして家族全員の分のA4ファイルや雑誌たち。

また、将来的に住まいが変わる可能性も踏まえ、置き場所が変わっても使いやすいサイズにしたいというご要望でした。

「ハガキが縦に収納できるのはどのくらいの大きさ?」

「A4ファイルがしっかり入るサイズの収納はどのくらい?」

日々見慣れているモノでも、実際のサイズはなかなか分からないものです。

既製品の家具だと自身のニーズにぴったり当てはまるものがなく、家具選びで大変な思いをされたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな細かいニーズを叶えてくれるのがオーダー家具。

家具蔵が誇る多彩なラインナップの中から今回ご提案させていただいたのが、「ユニットボードプログレス」シリーズです。

細かいサイズオーダーや仕様設定も可能な、「世界に一つの自分だけのボード」を作ることができる人気シリーズです。

今回、総幅1680ミリで作ったボードは中央から2つに分けることができ、片方だけ別の場所に移動させることも可能な仕様。

暮らしのスタイルや住まいが変わってもレイアウトに困らないように、と分割できるスタイルでご提案したものです。

収納予定のモノのサイズと量を細かくヒアリングしながら寸法を細かく調整しました。

高さはいわゆる「腰高」の900ミリとしました。

引き出しや扉の開閉もしやすく、天板の上を飾り棚として使うことができます。

「季節の小物やお花やグリーンなど、お気に入りのものを並べてインテリアを楽しんでくださいね」

とアドバイスもしっかりと。

今ではお気に入りの小物を飾り、インテリアを楽しんで下さっているそうです。

チェリーの色合いが深まった頃に、またお話しさせていただく機会を頂ければ…。

そんなことを思っています。

 

 

チェリー材のデスク&ローボード


「質の良い“木の家具“が欲しい」

とご来店されたS様。

家具蔵で扱う木へのこだわりや、熟練の職人だからこそ生み出すことのできる確かな強度と耐久性。

そういった部分に大きく共感していただけました。

長年連れ添ったデスクとその横に置く棚の刷新を検討の中、実際に使っている家具の写真を見せていただくことに。

今回の大きなテーマは

「置ききれていないモノをどうしたらいいか」

このケースではアールデコともいえる曲線が特徴的な「エミネントシリーズ」から、2000種類を超える豊富なバリエーションを誇るセミオーダーシステムを採用。

スペース的にもぴったりのサイズ且つ今までの使い慣れた仕様に「本物の木の質感」と「更なる収納性」というプラスαを加えた仕様。

「この椅子に座った時に60歳になった自分が座っている光景が一瞬見えたんです。

こんなこと今まで経験したこと無かったので、もうコレしかない!と思いました!」

と決めたチェアは曲線形状のスタイルが「エミネント」と好相性の「アームチェア  アルコⅡ」。

そうして世界に一つの家具をお納めした際のS様の声と表情は、うわずり、紅潮していた…とは言いすぎでしょうか。

木の質感や作りの細かさに感動し、新調した収納ボックスを使いながら自分だけのお気に入りの空間を作りたいと仰ていました。

使い込むほどに愛着が湧いていく無垢材家具。

きっとS様の暮らしをより豊かなものにしてくれることでしょう。

 

より良い収納計画は快適で豊かな暮らしの大きな要素。

お困りの方は、ぜひ銀座店はじめ最寄りの店舗へお声掛け下さい。

「一生もの」として愛着を持って使えうことのできる収納家具をご提案致します。

家具蔵銀座店へのアクセスはこちら

その他のオーダー家具の事例はこちら

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (239)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)