KAGURA OFFICIAL BLOG

「アームレスソファ」が今人気の理由とは

2021.12.9

 

 

ソファは、リビングスペースにおけるメインアイテムの一つとされています。

座ってテレビを視聴したり、時には身体を崩して寝転がるなど、仕事や家事の疲れを癒してくれる欠かせない家具の一つです。

食事を済ませたあとはそのままソファへ、という日々のルーティンが確立されている人もたくさんいるのではないでしょうか。

寛ぎと安らぎをもたらしてくれるソファ、海外製のものも含めデザインやサイズも多岐に渡ります。

座り心地を重視したものやデザイン性の高いものまでまさに百花繚乱です。

そのような中で、今最も注目を浴びているのがアームレスタイプのソファです。

実は、このアームレスタイプのソファ(以下「アームレスソファ」)、家具蔵の数あるバリエーションの中でも人気急上昇中なのです。

 

 

アームレスソファとは


 

 

アームレスソファとは、「アーム(ひじ掛け)」が無いソファのことを指します。

「ひじ掛けが無いソファでも寛げるの?」と考える人もいるでしょう。

このコラムをご覧頂いた後はその考えも変わるかもしれません。

 

「アーム(ひじ掛け)」が無いので部屋が広く見える


 

 

ひじ掛けがないことで得られるメリットとして、まずは部屋が広く見える点が挙げられます。

ひじ掛けが無いことは、単純に居住空間そのものが広く見える効果を呼びます。

ソファ全体の圧迫感がないので目線が奥まで行き渡り、横から見た場合でもスッキリとした印象になるのです。

同じ大きさのアーム付きソファとアームレスソファを比較すると、見た目のスッキリさは明らかです。

部屋を広くみせたいと思っている人には嬉しいメリットと言えるでしょう。

 

どこからでも座ることのできる利便性の高さ


 

 

アームレスソファは、アームが無いことで横からも座ることが可能です。

これが意外とストレスの軽減に繋がります。

ソファの前にはセンターテーブルが置いてあることも多く、座面の前に回り込む際にはスペースが狭く感じることもあるでしょう。

「どこからでも座ることができる」というのは、あまり気づかれていないアームレスソファの魅力です。

 

寝転がった際の制限が無い・自由に身体を動かせる


 

 

ソファで横になった時、アームの部分が自身の足にぶつかり、邪魔に感じたことはありませんか。

アームレスソファはアームが無いことで、寝転がった際に足を存分に伸ばすことができるのでより寛げることも特徴です。

身体を横にしない時でもアームがない分、座面自体を広く確保できます。

ソファで脱力し、寛いだ姿勢を保つことができるのです。

 

家具レイアウトの幅が広がる


 

 

アームレスソファは、レイアウトが簡単です。

壁面につけてもいいですし、お部屋の中央に置いて、間仕切り感覚で使っても良いでしょう。

同じデザインのソファを横並びに置くことができるので、拡張性にも優れています。

アームのないスッキリとしたデザインを生かして、部屋の中の動線幅も広がります。

 

そのような理由から、近頃はアームレスソファが支持されているのでしょう。

また、アーム付きに比べコンパクトなデザインは、部屋の大小を問わず選択することができます。

 

家具蔵のアームレスソファ「モデルノ」のご紹介


 

ここで私ども家具蔵のこだわりのアームレスソファ「モデルノ」のご紹介をしていきましょう。

アームレスソファ「モデルノ」は、多重構造のオリジナルクッションとミニマルなデザインの融合により、日本の住環境における「くつろぎ」と「空間性」を実現しています。

サイズは、1人掛けで横幅70センチ、2人掛けで140センチ、3人掛けで170センチのラインナップがあります。

最近、お客様からのご要望にお応えし、3.5人掛けとして210センチのものも加わり、計4サイズでの展開となっています。

「留め」仕事による無垢材の脚部分の接合により、様々な重心の移動にも耐えられる強度を確保し、どんな姿勢で座っても寝転んでも、抜群の安定感を誇ります。

これまでのソファクッションの概念を一新するクッションの内部は、フェザー層と高密度なウレタン層の多重構造です。

また、アームクッションの内部には、そば殻またはパイプ材を使用しています。

また、家具蔵のソファすべてに言えることですが、カバーはフルカバーリング仕様となっており、衛生面も安心してお使い頂けます。

カバーは、日本製・イタリア製高級ファブリック110種類とオリジナル高級厚革7種類から選択可能で、季節や気分によって取り換えても良いでしょう。

ソファの購入時に気を付けたいことのひとつに搬入経路の確保があります。

間口や階段を幅も長さもあるソファが通過できず、搬入が困難になることは決して珍しい話ではありません。

私ども家具蔵では、可能な限り事前に搬入経路の確認などを行い、確実に搬入できる体制を整えていますが、アームレスソファであれば背板を外すことによって台座のみとなりますので、搬入経路も確保しやすくなります。

引越しなどが多い方でも安心です。

 

 

このアームレスソファ「モデルノ」ですが、フレームに使用する樹種も7種類を用意し、家具蔵各店に展示がございます。

是非お気軽にお試しいただければと思います。

また、ソファをリビングに置いた際、どのように見えるかをCGによる3Dシミュレーションで確認することもできます。

実際のリビングと一番相性が合うものを、たくさんの張地や樹種の組み合わせの中からお選び頂けます。

無料で行っていますのでこちらもお気軽にお声がけください。

 

家具蔵の無垢材アームレスソファ「モデルノ」はこちらから

 

アームレスソファのある暮らしの事例はこちらから

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2022 (24)
  • [+]2021 (365)
  • [+]2020 (372)
  • [+]2019 (382)
  • [+]2018 (111)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (32)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.