なつかしさと新しさが同居する自然体のキッチン

vol.06 東京都 斎田邸

vol.06 東京都 斎田邸

立派な木々の生い茂る庭に囲まれた住まいは、白いファブリックブラインドから自然光があふれ、無垢材のキッチンや床を照らす本物ゆえの表情が光の中で引き立ちます。 キッチンや食卓からはそれぞれ趣の異なる庭をさまざまな距離感で楽しめるのが特徴のお住まい。 設計者の本間至さんは「庭に囲まれた敷地の中で、どんな風に景色が暮らしの中で目に飛び込んでくるか、 その位置づけから設計した」といいます。 そんな緑の風景にふさわしいのが無垢のナラ材でつくられたオーダーキッチンです。 今回、ご夫婦が選んだ家具蔵の無垢材家具の落ち着いた表情は本間さんのつくる、無駄のない空間にしっくりとなじんでいます。 壁側の収納扉は框組に鏡板、手前の収納は細かく割った無垢材の羽目板で。 白い漆喰の壁に組み合わせられると、モダンでありながらどこか昭和の家のような懐かしさがただよいます。 キッチンとダイニングの間には、 料理の受け渡しができるカウンターを設置。 手前の無垢材収納は高さが930㎜あり、キッチンとダイニングを程よく連続させながら、家具的な表情をダイニング空間に与えている。 一方でキッチンの中は機能的な空間に。 一直線に伸びた動線は、余計に動くことなく料理を進めることができます。 キッチンの上は天井が低めになっており、 落ち着く空間としました。 伸びやかなダイニング空間とのメリハリをさりげなく生み出す設計上の工夫です。 自然体で過ごせる場所に― 、そんな本間さんの思いを実現するのに、 温かな無垢材キッチンが一役買っています。 使い込まれて、家族とともに育っていく、そんな情景が目に浮かびます。
XX
無垢材キッチンと無垢材ダイニングテーブルは会話が心地良い距離感。 カウンター下はすべてダイニング側から使う収納に。 椅子に座ったまま筆記用具、薬などを取り出すことができます。
XX
長さ2.5mの無垢材キッチン。 左側にシンクとコンロという実用的なゾーンをまとめ、右側は大容量の収納と奥様の小さなデスクを設けています。
XX
収納の中まで美しい仕上がり。 開けた時の印象が違います。 食器を出し入れしやすいように、細かな棚割になっています。
XX
ワークトップの素材は人工大理石。 水を使う部分はお手入れのしやすさを重視して選んでいます。
XX
シンク下の引出しには内引出し。 この扉部分まで無垢材なのは家具蔵ならでは。
XX
分別ゴミBOX用の引出し。 大きな瓶や家電なども入る多目的スペースです。
XX
食器洗い機は海外製の幅60㎝。 食器だけでなく、大きなボウルや鍋、ガス台のゴトクまでまとめ洗いできます。
XX
リビングと緩やかにつながる小さな書斎。 窓枠を兼ねたデスクの天板とブラインドBOXを仕込んだ内法材が壁面収納と美しく連続しています。
XX
部屋全体を見渡せるベストな位置に佇む無垢材チェア「チェア レスタ」。

掲載された商品