KAGURA OFFICIAL BLOG

キッチンスペースはどの程度あれば良いのか

2023.6.21

 

 

新築やリフォームでキッチンについて考える際に、多くの場合はハウスメーカーや設計事務所のプランをベースに打合せを進めることになります。

そこで「本当にこれで良いのだろうか?」という思いに駆られることがあった人もいることでしょう。

基本的には様々な事例(や制約)をもとにした「プロ」の意見であり、施主の意見も加味しながら提案されるものですので大きな間違いが起こる可能性は少ないでしょう。

概してキッチンに対する要望はキッチン本体の仕様や色・素材、機器の性能などの部分に着目してしまいがちで、空間そのものに対しては実際に使用する側からはあまり目が向きません。

例えばキッチン全体のスペースに対してキッチン本体の大きさのバランスが適切か、キッチンスペースを広くとりすぎてダイニングが狭くなってしまっていないか、作業動線は適切か、などは設計側任せではなく依頼する側もある程度知識を持って打合せに臨むことが大切です。

 

キッチンスペースは「ワーキングトライアングル」を基準に考える


 

 

キッチンのスタイルは「I型」「Ⅱ(2列)型」「ペニンシュラ型」「アイランド型」「コの字型」など様々であり、それは決して大きければ良いというものでもありません。

キッチンで過ごす時間も増え、全体的にLDKに占めるキッチンの面積は増えていますが、どのような間取りでも「適切なサイズ」というものがあります。

その目安の一つになる、と言われているのが「ワークキングトライアングル」というものです。

「シンク」「クックトップ」「冷蔵庫」の3点を結ぶ三角形の距離が程よいバランスだと、使いやすいキッチンになると言われます。

ここで言う「程よいバランス=距離」とは「シンクとクックトップの距離=1200~1800ミリ」「クックトップと冷蔵庫の距離=1200~2700ミリ」「冷蔵庫とシンクの距離は、1200~2100ミリ」であり、そしてその合計が「3600~6000ミリ」というのが理想です。

 

具体的なワーキングトライアングルの考え方


 

現代では非常に多くなっている対面型キッチンで幅は2550ミリという標準的なサイズで考えた場合の図面がこちらです。

【図1】

 

【図2】

 

一般的な食器棚が奥行450ミリ、I型キッチンの奥行を650ミリと考えた際にキッチンの入口部分の幅も最低700ミリは確保したいところである、と考えると図のようなサイズ関係になり、そこでワーキングトライアングルが出来上がります。

このスペーシングはキッチンを使う際には単独作業が主であり、二人以上でキッチンを使うことは希という場合なら問題なく使うことができるバランスと言えます。

 

キッチンとバックセットの間隔の考え方


 

【図3】

 

しかし、2人以上で暮らしているとキッチンは単独で使うことばかりではありません。

キッチンを使用する人やその家族の体格などにもよりますが、キッチンとバックセット(背面収納)の間の距離は700ミリ~900ミリ確保できていると作業性と回遊性に優れると言われます。

ただこれは最低限度の寸法です。

図1を見ても分かるようにバックセットの奥行が450ミリだとしても冷蔵庫はそれ以上に奥行があります。

冷蔵庫の前に立って中のものを取り出すことや、キッチン自体も引き出し収納であることが多い点を考えると、あくまで「最低寸法」だということがおのずと明白になってきます。

また、キッチン向かって1人が作業をしている後ろをもう一人が通ろうとすると、ある程度のスペースが無いと正面を向いて歩くには無理があります。

2人で作業したり、料理中にもう一人がキッチンに入ることを想定するならば、図3のようにキッチンの入り口で1000ミリ程度、バックセットとキッチンの間は1200ミリ程度確保できていると理想的でしょう。

ただ広ければ広いほど良いというわけではありません。

スペースが広くなるほどワーキングトライアングルの距離も長くなる=移動が多くなるなど作業性が落ちる可能性がある、ことも覚えておいてください。

 

 

キッチンを新しく作るという場面は、人生の中でもそう多くあることではありません。

後悔しないためにも、キッチンのプランは設計側に任せるだけでなく、依頼する側もそれなりの知識を持って、自身でチェックすることも必要なステップだと考えます。

まずは、インテリア雑誌やキッチンのショールームを実際に見てイメージを膨らませることから始めてみてください。

もちろん、家具蔵のキッチンスタジオでもご相談をお待ちしております。

 

快適&理想を実現するキッチン無料相談会のご案内はこちらから

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2024 (77)
  • [+]2023 (367)
  • [+]2022 (364)
  • [+]2021 (365)
  • [+]2020 (369)
  • [+]2019 (366)
  • [+]2018 (85)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (32)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.