KAGURA OFFICIAL BLOG

「横浜元町店から一枚板入荷のご案内」

2019.8.19

連日厳しい暑さが続きますが、皆様どのように涼を取りながらお過ごしでしょうか?

家具蔵横浜元町店がある、横浜元町ショッピングストリート(横浜元町SS)では毎週土日・祝日に歩行者天国を行なっています。

安心してショッピングをお楽しみいただけるので連日多くの家族連れやグループやカップル、ペット連れの方で賑わいますが、今年は新たに街頭にミストシャワーが登場しました。

道行く買い物途中の方々に束の間の涼を提供しています。

また、横浜元町SSの常設ベンチには季節に応じた草花のアーチが飾られています。

現在はブドウのアーチが設置されています。

葉が風に揺れ、目に入るグリーンは心地よく、絶好の写真スポットです。

私たちスタッフも、見ているだけでも心なしか涼しく感じるような、この季節ならではの光景です。

「目で涼を得る」ことも、この暑さのなか、非常に大切なことですね。

 

さて、8月に入り家具蔵横浜元町店にも多数の一枚板天板が入荷致しました。

そのなかでスタッフが厳選した「珠玉」ともいえるものをご紹介させていただきます。

 

●クラロウォールナット(サイズ:W1500×D770~860mm)

北米産のブラックウォールナットとヨーロッパ産のウォールナットを接木して作られたのが、このクラロウォールナットです。

世界的に人気が高く、日本ではほとんど流通しないたいへん希少な樹種のひとつです。

その装飾性を感じさせる独特な木目と、濃淡の入り混じったグラデーション。

これは決して人口的に作りだせるものではない自然美です。

その独特の形状や、こうした表情を存分に味わうことができることこそ、無垢材一枚板を使う醍醐味です。

晩酌好きな方々からは

「こんな一枚板で晩酌するひと時はいいな~」

と早速に好評をいただいています。

 

 

●クス (サイズ:W1400×D850mm)

各地に数百年から千年単位の高樹齢のものがあるクスは、古くからその土地ごとで畏敬の対象とされながら愛されてきた木です。

独特の香りが特徴ですがその防虫効果は古くから箪笥などの家具類にも重宝され、仏像などにも使われてきた日本人にとっても、非常に馴染み深い木で。

木目は力強く、白系統の木肌のなかに茶色味がかったグラデーションはコーディネートするチェアを選びません。

また、それによって空間の印象も大きく変わり、言ってみれば空間を選ばないともいえます。

各地で「ご神木」としても祀られる存在感と力を持っているクス。

住まいの空間に歴史の香りとその「パワー」を取り入れ、毎日の暮らしを送るリビングダイニングをパワースポットに変えるのはいかがでしょうか?

 

 

●サペリ(サイズ:W1800×D900~930mm)

日本ではまだ知名度は高くありませんが、ヨーロッパでは古くから高級家具材として使われてきたサペリ。

一番の魅力は縞の濃淡が見る角度によって変わる木目です。

まだあまり目にする機会が少ないからこそ、他にはない唯一無二の表情のものを使う、という一枚板天板ならではの満足感も感じさせてくれる一枚です。

こんな高い気温が続く日々は、ひょっとするとこの木の生まれ故郷であるアフリカとも同じようなものかもしれません。

このアフリカ生まれの一枚がどのようにアフリカの地で育って、はるばる日本に、自分のもとにやって来たのか。

そんなことに想いを馳せながら自分の選んだ一枚板テーブルで冷たいものや甘味をいただき、思い思いにくつろぐのもひとつの楽しみといえるでしょう。

 

まだまだご紹介したい選りすぐりの天板が、この夏各店に多数入荷しております。

ぜひお近くのお店に足をお運びください。

なかなかお目にかかれない、希少な一枚。

この夏にそんな出会いもあるかもしれません。

また、横浜は元町だけでなく、みなとみらい、中華街と、年代を問わず一日楽しめる街です。

夏休みのこの機会にぜひ皆様お揃いで遊びにいらしてください。

 

家具蔵 横浜元町店へのアクセスはこちら

家具蔵の一枚板テーブルのご案内はこちら


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (265)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.