KAGURA OFFICIAL BLOG

無垢材で人気の樹種とは?

2019.1.17

様々な色合いと質感で家具を引き立たせてくれる無垢材。

いろいろある樹種の中でも特に人気のある樹種を取り上げ、その希少性や人気の秘密を掘り下げてみましょう

 

まず無垢材の家具と言って思い浮かぶ樹種ではドングリのなる木として小さい頃から馴染みのある「ナラ材」があります。

ナラの木は日本、中国、ロシアがおもな原産地となっており、中でも日本のナラは数ある広葉樹の中で最高級の素材として珍重されています。

明治時代以降の一時期はヨーロッパをはじめとする世界各国へもたくさん輸出されジャパニーズオークとして一目置かれる存在でした。

このナラ材の人気の理由のひとつに「虎斑(とらふ)」という虎の背中の縞模様に似た銀色に輝く木目がでることがあげられます。

その輝きは見る場所や角度に応じて豊かに変化していきます。

表情のある木の風合いを楽しむことができる銘木です。

その昔は流通量も多かった樹種ですが、現在は流通量が減少しており特に日本産のナラは資源自体が少なく希少価値が高まっています。

 

家具だけでなく楽器や建材、高級車のダッシュボードに使われることでも有名なウォールナットも人気の樹種です。

特に家具蔵で扱うアメリカンブラックウォールナットは世界中で200以上ともいわれるなかでも最高級の質を誇り、その強度や耐久性、美しさは世界中の人々に愛されています。

アメリカ東部~中部にかえて南北に連なるアパラチアン山脈一帯に自生しており、厳しい寒さのもとで時間をかけて生長するため、硬く粘りのある材質を持つ一方、軽量で扱いやすく、加工性や装飾性にもすぐれています。

そして何よりウォールナットの人気を確固たるものにしているのは、その独特の色合いにあるでしょう。

辺材は灰白色、心材は濃い茶色のほか、黒紫色、赤紫色などが見られることも。

色味は一様ではなく、辺材から心材にかけての様々な色がグラデーションを描き、美しい模様の表情を形成します。

このような奥深い色合いと複雑に織りなされる豊かな色彩が、ウォールナットを不動の人気にさせている所以でもあります。

 

そしてチェリーも高級無垢材として人気のある樹種です。

主な産地は、アメリカ東部全域と比較的広範囲に生息しています。

現在、北米大陸には約30品種のサクラ類がありますが、その中でも絶大な人気を誇り、現代の最高の木材のひとつとして君臨しているのが、アメリカンブラックチェリーです。

特徴的なのはすべすべした肌触りで、テーブルなどは触るとしっとりと馴染むような手触りを感じられます。

はじめはナチュラルな色合いですが、時間がたつにつれて光沢のある赤みを帯びた色に変化していきます。

また2年ほどの比較的短い期間で色合いが変わるのも特徴の一つです。

この無垢材だけにしか起こり得ない豊かな経年変化に魅了される人が多いのも事実です。

 

その他にも木目・板目ともに非常に美しく、その色合いから温かい印象を与えてくれるタモは、明るい色調の樹種を求める人に人気があります。

木目は、心材部分のかなり深いところまで美しく鮮やかに流れているため、根元付近から先端に近い部分まで、均質な木目を取ることができます。

その美しい木目の流れからも広葉樹の中で際立った存在感を誇るタモは、「白木の女王」と讃えられ、材となってもその神秘的な美しさは変わりありません。

 

日本で楓(かえで)として親しまれているメープル、特にハードメープルは、どんな部屋にも自然に溶け込むナチュラルさが人気です。

カナダ東部~アメリカ北島部にかけての五大湖周辺に広く分布するメープルは、カナダの国旗にその葉が描かれていることでも有名です。

色調は明るい乳白色で、柔らかな見た目とは違って高い強度を誇ります。

その特徴を生かして家具だけでなく、ピアノやバイオリン、ボウリング場のアプローチやダンスホールのフロアなどによく使用されます。

色合いは時間がたつと透きとおるような白から徐々に色が濃くなり、さらにツヤが加わって美しい飴色になっていきます。

メープルは別名「木の真珠」と言われるほど上品な木肌をしています。

家具ではテーブルやチェアに限らず、収納家具などにも人気があります。

 

同じ北米産の広葉樹の中でも、安定した高い人気を誇る材にはホワイトアッシュがあげられます。

オーク、マホガニー、ウォールナットと並ぶ四大銘木としても知られています。

清潔感のある白系の色合いはコーディネートがしやすく、爽やかなインテリア空間を演出するには最適な木材と言えます。

海外の素材でありながら和室にも自然に馴染み、木が持つ上品な雰囲気を活かしながら、趣きと落ち着きのある空間を演出することができます。

家具材としてはもちろんのこと、床、壁、カウンター、窓枠など、確かな強度が要求される建築材への使用にも適しています。

また、その弾力性を活かしテニスラケットやスキー板といった運動器具材としても最適でアメリカのメジャーリーグではバット材としてホワイトアッシュを使用する選手も多くいます。

 

一口に無垢材と言っても本当に多くの種類がありますが、色合いや木目などその表情の違いが多用である分、家具をご検討の際にはどの木がいいのか考え込んでしまう人も決して少なくありません。

家具蔵では、そのような家具の選び方が分からない、どの木が自分の家に合うのか分からないというお客様へ、専門のスタッフが間取りや3Dの画像などを通して親切にご説明していきます。

ご興味のある方は家具蔵各店へお気軽にお声がけください。

 

家具蔵のトータルインテリアコーディネート無料相談会(3D PLAN)のご案内


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (172)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)