KAGURA OFFICIAL BLOG

スタイル別-ソファで作る空間演出方法

2016.11.25

リビングは家族みんなが集まる場所ですから、少しでも居心地の良い空間にしたいものです。ソファをプラスして居心地の良い空間を作りましょう。ソファを選ぶ際には、色や質感選びもポイントになってきます。壁や床と馴染みの良いアースカラーは、部屋に圧迫感を与えませんし、部屋全体になじんで広く見せてくれる効果があります。また、人によって自分の好きなスタイルもあるでしょう。そうした空間作りにもソファは欠かせません。部屋の中でも大きな存在感があるソファだからこそ、こだわって選ぶ必要があるのです。 

メイン.jpg

ナチュラルスタイル

ナチュラルスタイルのソファがお好みなら、白やグレーなどのカラーや、素材に木目を活かしているソファを選べばナチュラルな印象が強くなります。また、パステルカラーやアースカラーのソファもおすすめです。素材としてはファブリック生地のものを選びましょう。素材の風合いを感じられるものを選ぶことで、部屋全体の雰囲気も明るくやわらかいものになります。ソファは、一つでも部屋全体の雰囲気を大きく左右するため、ナチュラルスタイルを目指すのであればしっかりと選ぶことが大切です。飽きが出にくいスタイルであるため、長く楽しむことができるでしょう。

ナチュラル.jpg

モダンスタイル

モダンスタイルがお好みなら、モノトーンのソファがおすすめです。モダンスタイルとは、飾り気のない色合いであったり、直線的なデザインのソファスタイルを指します。モダンスタイルの色はモノトーンが基本です。黒やグレーなどが一般的ですが、アクセントとしてブラウンを取り入れることもあります。インテリアをモノトーンでまとめると、部屋全体がモダンスタイルになります。素材としてはファブリックのものもありますが、総革張りのソファも人気です。重厚感があるソファがあることで部屋全体の空気感も引き締まります。

モダン.jpg

クラシックスタイル

レトロな外観や装飾が特徴のクラッシックスタイルのソファは、部屋の雰囲気を落ち着いたものにしてくれます。こうしたクラシックスタイルにしたいのであれば、脚・背・座のラインが優雅なものでファブリック素材を使用しているタイプを選びましょう。具体的には、猫脚が使われているものやベルベットやベロア素材が使われているものがおすすめです。色合いとしてはこれといった定義がないため、好きな色・デザインのものを選んでみましょう。そのソファに合わせて、部屋全体のインテリアを考えていくと、統一感があるクラシックスタイルの部屋にすることができるでしょう。

クラシック.jpg

アジアンスタイル

自然を感じることができるアジアンススタイルが好きなら、素材にウォーターヒヤシンスを使ったソファを選びましょう。ロータイプで座るスタイルに近い形のタイプがおすすめです。外観に特徴があるウォーターヒヤシンスを使ったソファを取り入れることで、リゾート感が演出できます。また、バイユールウッドという素材もおすすめです。フレームにこの素材が使われているだけでアジアンテイストを出すことが可能です。色合いとしては茶色や淡いグリーン系などが良いでしょう。ソファだけでなく、部屋全体も同系色でまとめると統一感が出せるでしょう。

アジアン.jpg

カントリースタイル

カントリースタイルが好きなら、花柄やチェックのファブリックを使ってあるソファを選びましょう。木材を使ったベンチタイプのソファもカントリースタイルをアピールできます。また、ソファとあわせてクッションにもこだわってみましょう。温かい雰囲気が魅力のカントリースタイルでは、木材を使ったテーブルで色を揃えると、より落ち着いた空間になります。ソファに柄を取り入れる場合は、他の場所はシンプルにするなどしてバランスを取ってみましょう。使い込まれた風合いのものや、素材を活かしているものを選んでみると、手作り感がある温かい雰囲気の空間になります。

カントリー.jpg

和風スタイル

和風スタイルが好きなら、ソファのフレームに木を使ったものがおすすめです。座る位置が高い物よりも低い物を選びましょう。和室に合わせるのであれば、馴染む色や素材のものを選ぶことが大切です。和室はグリーンとブラウンが多い空間ですので、この2色が使われているソファであれば浮いてしまうということはありません。もしもアクセントの色を使いたい場合はクッションで取り入れるとよいでしょう。

和.jpg

部屋にソファを置く場合、部屋の広さに対して、理想の家具の占有率は3分の1です。狭い部屋に家具を置く場合には、この家具の占有率を考えながら配置していきましょう。6畳間であれば、家具は2畳分置くことが理想的な部屋となるのです。この大きさを目安にしてソファを選ぶと良いでしょう。

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (327)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.