KAGURA OFFICIAL BLOG

壁面収納が人気の理由は

2020.1.26

 

最近人気の…というよりは、一昔前から継続した人気を誇る壁面収納家具。

リビング周りに置くテレビ台、ローボード、チェスト、電話台、デスクといった収納家具を一か所にまとめる壁面収納は、その大きさから「引っ越した時や、リフォームした時に作るもの」と考えがちですが、実はそうではありません。

何年も住まわれた住宅や、なんと賃貸住宅でも壁面収納は「あとから」作れるのです。

特に物が散らかりがちなリビング周りの収納を変えるだけで生活の質が大きく向上します。

今回はどうして壁面収納が安定した人気なのか、壁面収納のメリットについてなどを分かりやすくお伝え致します。

 

地震対策として有効


日本は「地震大国」といわれるほど、数多くの大地震を経験している国です。

ここで起こる家具の転倒などのリスクを考慮して、特に背の高い家具をつくりつけ、いわゆる「造作」で作る家庭が増えています。

もちろん、いわゆる「置き家具」でも転倒を防ぐ手段はいかようにもあり、その選択は人それぞれです。

置き家具には置き家具のメリットが多数あり、そういったことも加味して家具選びは行わなければいけません。

造作家具というと、新築時やリフォーム時のみしか作ることのできない、大規模な工事が必要になる、と思われがちですが、実はそうではありません。

十分な下地の入った壁であれば、後から壁面収納を作り、耐震性を持たせて壁にがっちり固定することも可能です。

また、賃貸住宅であったり、壁材の関係で背面固定が叶わないからといって、壁面収納を諦めることはありません。

天井高さマイナス20mmほどで製作して前倒れのリスクを軽減したり、もしくはL字型で製作して前倒れリスクを軽減するなど、様々な工夫で賃貸住宅にも壁面収納を取り入れる人が増えてきています。

また、置き家具の場合は多くの場合が高さ200センチ以下で設計されています。

その方が上部のものを取り出しやすかったり、背面が見えることで空間の奥行き感を感じやすくなるといったこともあるので、やはり「適材適所」の家具選びは重要です。

 

集中収納というメリット


散らかりやすい物や場所を、キレイでスッキリとさせるには「集中収納」がおススメです。

一か所にまとめて片付けることで、どこに何があるのか一目瞭然になります。

リビングの壁面収納はテレビを中心とした集中収納に最適です。

現代はテレビを見ることが少なくなったとはいえ、まだまだテレビはリビングの華。

テレビにはレコーダーやゲーム機が接続され、DVDやゲームソフトなども必要になりますから、テレビを壁掛けにしてもそこに収納家具が必要になります。

また、それとは別に諸々の日用品や雑誌などを別に収納するとなると、デザインを揃えたり、レイアウトに悩むことになりますが、壁面収納家具を置けばすべてのモノをテレビの周りに集めることができ、しかもデザインを統一させることで悩む必要がありません。

書類や薬などの小物もすぐ取り出せるリビング周りにあると生活のストレスが軽減できます。

モノを一ヵ所にまとめて収納するようにすれば片づける際にどこに置くかを考える必要がなく、片づけやすく散らかりにくい部屋にすることが可能です。

 

 

デッドスペースを活用し、部屋を広く見せる


「背の高い家具を置くと圧迫感が出る」というのは言わずと知れたインテリアの常識です。

しかし日常生活を送るうえではインテリア性を損なわずに快適さを求めることができることが理想でしょう。

一般的に家族それぞれが快適さを求めるとどうしてもモノは多くなり、それらを収納する場所が必要になります。

そうして背の低い家具をすべての壁面いっぱいに並べるよりも、ひとつの壁面に背の高い家具を置いたほうがずっとスッキリとするのです。

圧迫感が生じるのは背の高い家具だけではありません。

大事なのはむしろ「床がどれだけ見えているか」なのです。

もし、リビングに敷いてあるラグがあれば、それを畳んで他の部屋に持って行ってみてください。

ラグのような高さ(厚み)のないものでもそれがなくなれば、部屋は広く見えるのです。

同様に座椅子でもアームチェアでも、もちろん3段カラーボックスでも、撤去すれば部屋が広く見えます。

背の低い収納家具をやめて背の高い壁面収納家具に置き換えることは、平屋の密集した宅地を更地にして、広い公園を持った高層マンションに建て替えるようなものなのです。

 

壁面収納はご自宅の間取りや生活スタイルに合わせて物を適材適所に収め、お部屋の圧迫感までも軽減する家具です。

ご自宅の建具の様に非常に長い時間使う家具になります。

着色などではない、「経年美化」していく自然木の無垢材で作るのがおすすめです。

寸法や使い勝手なども専門の知識を持ったスタッフと打ち合わせを重ねた方が良いでしょう。

家具蔵では豊富な知識を持ったスタッフが各店に常駐し、豊富なバリエーションの中からお客様一人一人にあわせた収納家具のご提案が可能です。

各店舗から1時間以内の近隣にお住まいであれば、無料出張採寸も行っております。

現場で木のサンプルや実例写真などをご覧頂きながら打ち合わせをすることも出来ますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お部屋改善!整理収納無料相談会

多数の壁面収納の実例も含めた事例集はこちらから

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2020 (359)
  • [+]2019 (432)
  • [+]2018 (111)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.