KAGURA OFFICIAL BLOG

「日常を変える木"のある生活 -木視率・木材率の秘密-」"

2016.1.31

皆さん、こんにちは。

「暖冬」の予報もどこへやら、大雪が降ったり厳しい寒さが続いたり…。

なにかと室内で過ごすことも多くなるこの頃。天候だけはどうにもできないのですが、そんななかでも日々の生活を少し豊かにする秘密が木にはあるよ、というのが今回のお話しです。

 

木視率ってなに?

 

人は木を眺めているとストレスが減少し、活気が生まれるそうです。
木視率(モクシリツ)という建築用語があります。木視率とは、屋内に立ってあたりを見渡した時、木肌が見える割合をパーセンテージで示すものです。木肌とは「木の表面」のことで、内装に木が使われている割合ということです。

(これを室内空間の割合で呼ぶと「木材率」となります。以下、読みづらくなるといけませんので「木視率」に統一してお話しします)

木視率の高い家、つまり木肌の見える割合が多い家ほど「安らぎ」を感じるといいます。一般の住宅は木視率20%程度といわれていますが、木視率が40?50%ある家は「安らぎ感」が格段に増すのだそうです。

 

部屋のおおよその面積割合はおおまかに

「天井:20%・床:20%・壁:60%」

といわれています。

床材と腰壁材を木材で仕上げた部屋の「木視率」は、おおよそ「45%」程になるそうです。

ある研究機関による、視覚による実験結果ではこの「45%」の木視率の部屋で脈拍数は45%の部屋では増加し、30%の部屋で低くなりました。

つまり、30%の部屋ではリラックスした状態になり、45%の部屋ではワクワクした状態になっているということです。ということは寝室には木視率30%、リビングルームには45%がふさわしいということが考えられます。

 

LD木視率.jpg

壁面家具で木視率を上げ、居心地の良いリビングを

寝室木視率.jpg

寝室でも木視率の割合を考え、快適なプライベートルームに

 

木がもたらす効果

 

この「木視率」、適度にパーセンテージが高くなるほど人間は「なごやかさ」「あたたかさ」を感じることが医学的、生理学的に証明されています。

今から家の内装を変えるのは難しい…という方は家具やインテリアの追加・交換でも木視率を高めることが可能です。
例えば家具蔵のような「無垢材無着色」の家具は、ただそこにあるだけで、日頃のストレスが減少し、リラックス感と活気を生み出してくれる、といえます。

 

もしくはこれからお住み替えを考えている方、リフォームなどをお考えの方は表参道本店に併設されている「ハウススタジオ」へ足をお運びになってみてはいかがでしょうか?

無垢材の床や天井、建具を中心に、すべて自然素材でつくられた空間では「木視率の高い生活」を体感できること請け合いです。

 

日常に木のある心地良い空間、皆様も楽しんでみませんか?

 

 

ハウススタジオ.jpg

表参道ハウススタジオ。体感型のショールームです。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (238)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)