KAGURA OFFICIAL BLOG

ソファの種類と特徴

2016.6.2

身体を休めてくれるソファを探そう

sofa20160706-1.jpg

一日の疲れを癒してくれるソファ。ふかふかのソファでゆっくりとテレビを見たり、家族と話したりとリラックスシーンにはソファは必需品です。いつかはリビングにソファを置きたいと考えている人もいるかもしれません。
しかし一口にソファといっても形や目的で選ぶソファの種類が違います。ソファにはどのような種類があるのでしょうか。
 

カウチソファ

ゆったりくつろげるソファと聞いて、一番初めにイメージするのがカウチソファかもしれません。もともとカウチとは英語でソファを指す単語。2?3人用のソファを指すことが多いようです。
カウチソファは寄りかかって休息するために、背もたれが傾斜していてクッション性が高いのが特徴です。全体的にゆったりと大きく、足を投げ出して座ったり横になって寝たりするスペースがあることもあります。その起源は18世紀のフランスといわれ、長椅子からよりリラックスしやすい形に進化しました。
現在ではリビングに置かれることも多いため、リビングソファとも呼ばれています。カウチポテトという単語を聞いたことがあるでしょうか。これはテレビを見ながら、だらだらとソファでポテトチップスを食べるような人々を指します。この言葉はソファには人をリラックスさせ、その場から離れられなくする魅力があることの裏返しなのかもしれません。
 
sofa20160706-2.jpg

ローソファ

ローソファはロー、つまり低い高さのソファです。脚がない、もしくは脚が短いソファのことを指します。ソファを低くすることで部屋全体を広く見せる効果があるのが特徴です。 どうしてもソファのような大きめの家具は圧迫感があるものですが、ローソファにはそれがないので空間を広く見せてくれます。座椅子のようにゆったりと座るにもローソファは適しています。ワンルームで部屋を狭くするのはいやだけど、身体を休めるソファが欲しいというひとにはローソファがおすすめです。
 

リクライニングソファ

リクライニングソファはゆったりと身体を預けて座るソファ。傾斜を調節できるのが特徴です。
好みの角度に調整できるので本を読みたいときや仮眠をとりたいときなど、その時々にあわせて好きな高さで安らぐことができます。長時間テレビを見ていても角度を変えられるので疲れにくく、自宅で座っていることが多い人におすすめです。
リクライニングソファにも種類があり、座面が前方にスライドしていくものと、背もたれだけがばたっと倒れるものがあります。前者は身体をゆったりと預けやすいのが特徴、後者は前面に倒せるなど利用方法がいくつかあるのが特徴です。さらに数段階にリクライニングするギア式のものと、段階がなく好きな位置でリクライニングを選べる油圧式のものがあります。リクライニングソファは種類によっては足が置ける場所がでてくるものもあり、くつろぎ感を重視したソファです。自分にあったソファかどうか実際に座って確かめましょう。
 

部屋の形や、その他機能も含めてソファを探す

sofa20160706-3.jpg

これまでは、ソファそのものの形や、機能からソファの種類を見てきましたが、ソファの選び方には、部屋の形に合わせたものや、その他の用途から選ぶ方法もあります。そのような観点で、その他のソファの種類を見ていきましょう。
 

コーナーソファ

L字型をしているコーナーソファ、名前のとおり部屋のコーナーにおいて使用することができるソファです。そのほか、広いお部屋を区切るのにもコーナーソファは便利。テレビの前などにおいて部屋を分けることができます。大きいものでは4人以上かけられるソファもあり、お客様が多いようなお宅におすすめです。
 

アームレスソファ

アームレスソファはが無いので、お部屋中圧迫感なく配置することき広じられると思います。たソファの上で寝ころんだり、あぐをか体くずし通常ファよりも自由な座心地が体感できます。

sofa20160706-4.jpg

オットマン

ソファの前に置く足を乗せるための台です。オスマントルコの英語名である「Ottoman」が語源とされ、元々背もたれの無い長椅子を使用していたオスマントルコから、18世紀後期にイギリスへ伝わったことで、オットマンと呼ばれるようになりました。 L字ソファでは大きすぎてしまうという空間でも、レイアウトの自由度が高いオットマンは邪魔になりにくいだけでなく、本来の腰を掛けるという使い方もできるため、ソファに座りきれない方が使う事でリビングスペースでのコミュニケーションも高まります。

sofa20160706-5.jpg

ソファベッド

ソファベッドはベッドとしても使えるソファのことをいいます。ソファに横になっているうちに、うとうとしてベッドに移動するのが面倒になった経験はないでしょうか。ソファベッドはそんなワガママに応えるソファです。
デザインなどいろいろなソファベッドがありますが、背もたれや肘掛を完全に倒すことができるものならベッドの代わりとしても使うことができるでしょう。ソファを置きたいけれどスペースがないという人もソファベッドなら一挙両得。来客用のソファとして利用するという使い方もあります。
もしくは別にベッドを置いて、お客様が来たときようの簡易ベッドとしてソファベッドを利用してもいいでしょう。寝る場所が確保できれば友人や親戚を気軽に泊めることができます。もともとはソファにベッド機能を与えようという付属的なものでしたが、最近はより寝心地がいいもの、インテリアとしておしゃれなものなどバラエティー豊かなソファベッドが誕生しています。
 

バリエーション豊富なソファでお部屋を変えよう

sofa20160706-6.jpg

ソファはデザインやカラーの種類も多く、人によってこだわりが違います。部屋のインテリアになるデザイン性に特化したソファなら、お部屋の雰囲気をすぐに変えることができるでしょう。
肘掛がないソファや、逆に肘掛を広く取ったアームレスソファ。人との距離を縮めてくれるソファなど用途も様々です。ソファを探すときは闇雲に商品を探すのではなく、どのようなときにどのような場所で使いたいかを考えておくと絞りやすくなります。
 

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (238)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)