KAGURA OFFICIAL BLOG

オーダー家具で「得られるもの」とは?

2021.3.11

 

 

オーダー家具とは、既製の家具ではない、部屋のサイズや用途に応じて製作する受注生産の家具のことです。

既成の家具では、個々の事情に丁度良いサイズで、且つ使いやすい家具を探すことは困難な場合もあります。

オーダー家具であれば暮らしや空間に合わせてベストなサイズでつくることができます。

今回は選ぶ人もますます増えているオーダー収納家具で得ることのできるメリットを探っていくことにしましょう。

 

 

オーダー家具の種類


 

 

そもそも、どのような家具がオーダー家具になることが多いでしょうか。

多くの家具は既製品で間に合うことも多いかもしれません。

ソファであれば2人が座るなら2人掛け、3人が座るなら3人掛けとなり、座る人数でおおよそサイズが確定してくるのでオーダーにしてサイズ調整する必要性は少ないでしょう。

ベッドであればシングルやセミダブルやダブルなどサイズが既成で決まっていることでシーツなどの寝装品とも合わせやすいので既製品であるメリットもあります。

オーダー家具で一番多いのはやはり収納家具ではないでしょうか。

収納するモノの量や種類は人それぞれ異なってくることも多いものです。

本や書類が多い人もいれば、文具が多い人もいます。

趣味やライフスタイルによっても持ち物が変わるので、収納家具は既製品では整理が難しくなることも。

収納家具をオーダー家具にすることでお部屋が片付くだけではなく、暮らしのなかでの家事効率や作業効率も上がるというものです。

 

オーダー収納家具の特徴は


 

 

収納家具をオーダーにするとどんなメリットがあるのでしょうか。

まずは住まいや自分の事情にぴったりのサイズで製作できることが挙げられます。

空間にぴったりハマったサイズの収納家具は空間に凹凸が出ないのでスッキリした印象を与えてくれますね。

その他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

スペースを効率よく使うことができる


 

 

オーダー収納家具は総体だけでなく、完全に希望どおりの大きさの引出し、扉、棚をつくることが出来ます。

例えばカウンター下の空間を収納として利用するようなときも同様です。

サイズが合わない既成の家具を設置したときのようなデッドスペースは生まれません。

オーダー収納家具にすることで限られたスペースを余すことなく効率的に使えます。

 

統一感のある空間になる


 

 

サイズやデザインだけではなく、オーダー収納家具は素材も部屋とマッチしたものを選ぶことができます。

私たち家具蔵であれば、それぞれ特徴の異なる4つの樹種から選択できるので空間のテイストに合わせた素材選びが可能です。

機能的な部分だけではなく、デザインも自分の好みに仕上げることも可能となります。

照明やカーテンなどとの相性なども考えながら、統一感ある部屋をつくることが自由にできます。

 

地震に強い設計となる


 

 

オーダー家具に限ったことではありませんが、特に壁面収納などは壁に完全に固定する、もしくは天井ギリギリまでの高さに設計することで大きな地震でも倒れるようなことを未然に防ぐことができます。

大きな揺れの際に心配な扉の開放なども耐震パーツを取り付けることでその予防が叶います。

地震大国である日本、オーダー家具を設置することは住まいや調度品、そして自身の身の安全を守ることにも繋がるのです。

 

完成までの時間を考慮しておく


 

 

受注からの製作であるだけに、既製品を買うのとは違って時間がかかります。

既製品は在庫されている商品を運ぶだけのことも多く、早ければ数日~1週間くらいで到着することもありますが、オーダー家具の場合は月単位で考えるべきです。

また、理想のオーダー収納家具をつくろうとすると打合せにも時間が必要となります。

提案図面を吟味して、打合せを重ねて…。

もちろん、そうした時間も有意義であるといえます。

そのなかで得た知識や経験が役に立ったり、誰かに教えることもできるからです。

これから長ければ数十年の快適性と数か月の手間暇をどのように考えるか、そういった観点にもなってきます。

 

オーダー収納家具を作る際のポイント


 

 

オーダー収納家具をつくるときは、「家の一部」をつくる感覚を持つといいでしょう。

そして、重要なことはつくりと素材がしっかりしていることです。

どんなに機能的で多くのモノを収納できてもすぐに壊れてしまっては意味がありません。

手仕事と機械を使用するバランスがしっかりしていて、無垢材などの本物の素材を多く使っているものを選ぶことで長く使用することができるようになります。

無垢材で収納家具を製作する場合は広葉樹を使用したものをお勧めします。

広葉樹は強度があり揺れにも強いので、重量のあるものを収める可能性があり、安定感が求められる収納家具にピッタリ合っています。

また、無着色で製作するものは長く使用していく中での風合いの良化も魅力です。

一度購入したら長期にわたって使用する可能性が高いものですから、耐久性やその間に生じる風合いの変化も良いものを選ぶべきです。

 

家具に限らず、良い買い物には必ず背景があります。

それを手に入れるまでのいわばバックストーリーは、そのモノに価値を与え、それがその使い心地や満足度の向上にも繋がるのです。

オーダー家具にはそれを叶える要素がたくさん詰まっています。

そして、その実現のためには信頼のおけるパートナーを見つけることが第一です。

家具蔵には、オーダー収納家具についての提案力を十分に持っている建築士や整理収納アドバイザーがいますので収納のお悩みがある方はぜひ一度ご相談にいらっしゃってください。

 

家具蔵の無垢材オーダーボードの詳細はこちらから

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2021 (182)
  • [+]2020 (392)
  • [+]2019 (432)
  • [+]2018 (111)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (32)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.