KAGURA OFFICIAL BLOG

リビングダイニングにデスクを置くという選択肢

2019.10.3

リビングダイニングという日々の暮らしの中心となる場所。

対してデスクや勉強机は各々の部屋に…、というのが一般的な発想です。

そこで目先を変えてデスクをリビングダイニングにレイアウトした場合、ライフスタイルにいろいろな変化が期待できます。

 

お子様の「リビング学習」を可能にする環境づくり


家族が集まるリビングで勉強するスタイル、「リビング学習」。

小中学生の子供を持つ世代から注目されたのち、この言葉が一般的にも浸透してだいぶ経ちました。

勉強部屋ではなく、あえてリビングという場所で勉強をすることで、「集中力がアップする」「しっかりと勉強ができる」といったメリットが期待できるといわれています。

保護者の目が届く場所でお子様が勉強していることで、お子様もそれを見守る側も「安心できる」こともリビング学習の良い点でしょう。

ただ、こういったリビング学習を実現するにはそれなりに環境を整える必要があります。

例えば、お子様がその場に長時間座って勉強できるように。

また、本人が家族と同じ空間で勉強するのに抵抗を感じないように。

大きなダイニングテーブルを勉強の場にすることも勿論「あり」です。

一方で、リビングルームの一角にデスクをレイアウトするという方法もあります。

食事の場に使われるダイニングテーブルではなく、「デスク」という違った空間があることで勉強ということに対して集中力を培うことができるようにもなるでしょう。

デスクという自分の世界があること、そこがお気に入りの場所になれば、常に自身から机に向かうようにかるかもしれません。

子供部屋という環境以外で、「そこで何をしているか」がわかることは保護者の精神衛生上にとってもプラスです。

そのうえでリビングは他の家族にとっても生活の中心となる場所。

そこが雑然としていてはやはり気持ちはよくありません。

そこで片づけと整理整頓を習慣づけることはお子様の将来にとっても有益です。

 

リビング学習に使用するデスクとは


リビング学習に利用できるデスク。

通常のデスクと同じ、もしくはそれ以上に様々な大きさや素材、デザインのものがあります。

いわゆる「ワークデスク」を置くのも良いのですが、やはりリビングはインテリア性も加味したいもの。

オーダーで注文するスタイルで製作したものなら、それぞれの住まいの空間に合わせたものを選ぶことが可能です。

空いているスペース、窓の高さ、色合い、使い勝手。

こうしたものがすべて「最適な」ものになるのは、オーダー家具の最大のメリットです。

無着色の無垢材を使用したものは風合いも美しく、且つ経年で美しく変色します。

飽きの来ない、長く付き合うことのできるインテリアアイテムとしても一役買ってくれるのです。

インテリアの雰囲気や好みに合わせて好きな色の素材を選べる点はこうした無垢材オーダー家具の大きなメリットといえるでしょう。

リビングルームにこういった素材のデスクをレイアウトしておけば、ワンランク上の空間が実現します。

また、メンテナンスも可能な無垢材デスクはお子様が大きくなって独立するときにだって一緒に持たせてあげることもできます。

そのためにはシンプルな、大人が使っても遜色のないデザインを選んでおくべきですね。

 

スタイルも色々なオーダー家具で作るデスク


もちろん、こうしたデスクはリビング学習以外にも様々な用途を兼ね備えたものが便利です。

つまり、収納力があったり、様々な世代が使うことを想定したものということです。

リビングボードの収納性とスタイルを持たせたまま、つまり扉や引出しがありながら天板の下を空けておいて、そこをデスク部分として使用するのは、本来の目的のほかにインテリア性と収納力を持ち合わせた便利なものになってくれます。

特にダイニングテーブルやキッチンカウンターの周辺は「丁度良いところに丁度良い大きさと高さのものがある」ことから、ものを置き放しにしてしまいがち。

そこにこのデスク兼収納をレイアウトすることで、「モノの住所」を決めての整理整頓もしやすくなります。

あるべきものがそこにある、という整理整頓は外出の際や宅配便の受け取りなど、ちょっとしたことにも不便を感じずに済み、快適な毎日を約束してくれます。

また、収納力とデザインに優れていて、アンティーク家具でもよく見かけるスタイルが、ライティングビューロータイプのデスクです。

扉を開けて天板を下げるとデスクに早変わりするのが、このライティングビューローの特徴です。

このデスクの便利な点は、コンパクトな割に収納力があること。

家具蔵で展開するそれも、現代のPC環境を踏まえ、配線用の開口やドレッサーとしても使用できるような鏡を装備しています。

いろいろな用途に活用できる収納を兼ね備えたオーダーデスク。

コストパフォーマンスといった点においても優れているアイテムです。

 

家具蔵のデスクのラインナップはこちらから

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (298)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.