家具に呼応する住宅建築

vol.06 ウォールナットのダイニング・タモのリビング 東京都 大森邸

vol.06 ウォールナットのダイニング・タモのリビング 東京都 大森邸

ブライシュティフト

本間 至さん

1986年、本間至建築設計室開設(1994年に現「ブライシュティフト」に改名)。 暮らしから考えらえる設計をポリシーとし、2006~08年まで、NPO「家づくりの会」代表理事を務める。

以前から家具蔵のファンだったという大森さん。本間さんの設計により、家具達を活かしながら、 いかにも心地よさそうな家族の居場所が散りばめられた珠玉の住宅となった。「建て主の方の設えで、家の雰囲気は一変します。 とても素敵に暮していただいており、嬉しくなりました」という本間さん。「天井も階段の手すりも窓の位置や形も、 あくまでもベーシックからは外れないのですが、そのサイズや位置などディテールに一工夫すると、 目に見えない空気感…佇まいのようなものが生まれます。生活動線を役割で区分けするのではなく、 体や視線が自然に流れて、考えずに空間を使えるのです」その言葉通り、大森邸には、丁寧に住まうことの幸せが感じられ、 空間と家具がしっくりと馴染んだ清々しい美しさに満ちている。

XX
円柱の柔らかな曲線がテーブルやチェアの脚デザインとつながり、家具と空間が一体となったような馴染みの良さがある。
XX
小さな頃から本物の素材、家具に触れさせてあげることも大切な教育。兄妹で同デザイン、素材違いの家具を選んだ。
XX
デッキスペースから、お部屋の中を覗くと、ウォールナットのチェアが目に入り、癒しの空間が外からでも感じられる。そんな空間に仕上がっている。