ARMCHAIR
REN

アームチェア レン

  • photo2
  • photo2
  • photo2
  • photo2
  • photo2
  • photo2
  • photo2
  • photo2
  • photo2
SIZE:
W570・D550・H850・SH420・AH650
TYPE SELECT:
柾目/板目

MATERIAL SELECT:

体を優しく包み込む座面と背板は職人によって削り出しで美しい曲線に。卓越した職人だからなせる技がここにあります。後脚から連続したアームは、手触り感も抜群。腕を乗せた時にしっくりと馴染みます。直線的でありながら有機的で滑らかな曲面を随所に取り入れた「アームチェアレン」は和とモダンが美しく融合した、新しいスタイルのチェアです。

広々とした板座と手に馴染むアームが極上の座り心地を実現

ゆったりとした座り心地が得られるよう板座を広くし、後方へ深く削ることで、体が自然と背もたれにあたるよう設計しており、中心の背板・アームに体をあずけることで極上のホールド感を実現し、最高の座り心地を体現しています。

板座の裏側に表れる卓越した職人技とクオリティ

金具を一切使わず、余分な補強も無い、このシンプルなチェアの板座の裏側を見ると木を知り尽くした職人のこだわりが伝わってきます。無駄なものを可能な限り省くことで軽量化を実現し、チェアを使う人の日常の使い勝手に配慮しています。

機能美を表現し座り心地を約束する座面の形状

臀部から太ももにかけての体圧が分散されるように削り込まれた座面は板座とは思えないほどの優しい座り心地で下半身を受け止め、長時間座っても疲れにくい座り心地を実現。有機的で滑らかな曲線は意匠ともなり、機能美を体現しています。

補助具としての安全性を極めるための、高耐久の仕口

人が安心して体を預けられるように、接合部分の耐久性を高めることは、チェアにとって最も重要な要素。金具に頼ることなく、木と木を組み合わせることによって生まれた高耐久の仕口には、日本の木造建築構造を応用した熟練の職人技が生きています。