KAGURA OFFICIAL BLOG

無垢材家具の選び方

2019.2.14

無垢材家具 無垢材収納 吊戸棚

 

用途に合わせた無垢材家具の選び方


無垢材を使った家具は、見た目に美しく、しかも長持ちするというメリットがあります。

無垢材家具は、その耐久性や経年での風合いの変化の美しさをふまえると、一生ものという言葉が相応しく、

それはある意味で生涯のパートナーと同義です。

そのパートナー選びを素晴らしいものにするために、その用途の適性を理解しておく必要があります。

無垢材は「強度が高い」、「木目が美しい」、「経年変化による味わいが楽しめる」、「安全性が高い」ことが大きなメリットと特性の一つです。

反対にそれらを楽しむためには「水はけが悪い場所では傷みやすい」「空間の外で使うと傷みやすい」とを知っておく必要があります。

 

一般的に、リビングやダイニングで使う家具は、長く使用できると共に部屋との相性が良い傾向にあり、無垢材に合う家具です。

例えば、「ダイニングテーブル」、「学習机」、「椅子」、「収納棚」、「本棚」、「テレビ台」、「ソファのフレーム」、「ベッドのフレーム」といった家具は無垢材家具を選ぶことで長く使う事ができ、空間のグレードも高めてくれます。

反対に、例えばバルコニーなどに常時置いておくようなもので無垢材家具を選ぶと、塗装の劣化や材質そのものの劣化が早く進むこともあり、あまりお勧めできる場所にはならなくなるのです。

無垢材テーブル 無垢材チェア 無垢材オーダーキッチン 無垢材ボード 無垢材家具

 

特徴を理解して素材を選ぶ


無垢材の素材としては、主として広葉樹が使われます。

剛性が強く、温度や湿度による収縮度合いが針葉樹に比べて小さいためです。

無垢材の家具に使用される素材の種類とそれらの特徴を理解しておきましょう。

「ウォールナット」は重厚感と高級感があるダークブラウンの色合いで、経年変化により艶やかになる木目の美しさが魅力で落ち着いた雰囲気の部屋に合う樹種です。

「ブラックチェリー」は肌触りが良く、ほんのり赤みのある優しい色味から経年変化で色が赤茶色に濃くなる樹種です。

「ナラ」はナチュラル感のある色合いで、重厚かつ耐久性があり、木目の中の虎斑の優雅な模様を楽しむことができる樹種です。

「ハードメープル」は薄肌色ともいえる色合いが特徴的で、触ったときの感触が非常に滑らかです。

清潔感を演出したい空間にピッタリの樹種です。

家具を選ぶときは、「家具を置く部屋をどのような雰囲気の部屋にしたいのか」、「誰が使うのか」、「使う頻度はどのくらいなのか」、「触ったときの感触が自分の好みに合うか」、「壁や床の色と合うのか」、「他の家具と同じ部屋で使うときに違和感がない色合いなのか」といった要素に加えて、素材ごとの特徴を元に自分好みの素材の家具を選びましょう。

無垢材テーブル 無垢材家具

 

特徴を理解して塗装を選ぶ


家具に使われる塗装には主として「ウレタン塗装」「オイル塗装」の2種類があります。

それぞれに特徴があり、メリットとデメリットが存在します。

家具の設置場所、好みの見た目や手触り、利用頻度などを考慮してどの塗装にするのか選びましょう。

 

「ウレタン塗装」は、ウレタン樹脂の塗膜で表面を素材の表面を覆って仕上げる塗装です。

メリットとしては、「耐水性がある」、「手入れが不要」といった点が挙げられます。

目立つ傷が発生した場合は自分でメンテナンスすることが難しく、製作元への修理依頼が必要な点を覚えておくべきですが、日常使いのもので手入れが不要な点は大きなメリットであり、無垢材家具を使うに当たって、手入れの部分でハードルの高さを感じている方には是非知って頂きたい塗装です。

 

「オイル塗装」は、天然の植物性オイルを主原料とした塗料を素材の内部に染み込ませる塗装です。

艶のある感じで、しっとり感のある手触りになります。

メリットとしては、「自然な風合いを楽しむことができる」「軽度の傷や染みはサンドペーパーでこすってオイルを塗りこめば目立たなくなる=自分で手を入れることによって愛着も湧く」といった点です。

一方で耐水性に乏しく、例えば「水滴の付いたコップを長時間置くと染みができやすい」「定期的なオイルの塗り直しが必要」といった点は塗装を選択する際に知っておきたいポイントです。

無垢材テーブル オイル塗装

 

まとめ:価格の妥協、こだわりの妥協はしない


無垢材家具は高額なものもあり、少しでも安価なものを探しがちですが、安価なものは素材の質も仕上がりもそれなりです。

もちろん人それぞれに予算の制約もあるわけですが、その範囲でできるだけ安いものを買うのではなく、予算の上限一杯の価格で家具を探すことが、高耐久で長く使用できるものとなり、後々の満足に繋がります。

家具が決まったら、素材と仕上がりについて、自分のこだわりを家具店にぶつけて意見を交わしましょう。

後悔しないように、価格に見合った納得のいく仕上がりにしてもらうことが重要です。

サペリ 無垢材テーブル 無垢材チェア

無垢材の魅力についての更に詳しいご案内はこちら

無垢材家具との永いお付き合いについてのご案内はこちら

経験豊富なプロスタッフ在籍の家具蔵各店へのアクセスはこちら


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (298)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.