KAGURA OFFICIAL BLOG

スタイル別-ベッドで作る空間演出方法

2016.11.25

一日の疲れをしっかりと癒してくれるベッドは、寝心地の良さが何よりも大切です。サイズ感はもちろん大事ですが、スタイルも寝心地を左右する要素の一つ。ナチュラルスタイルやモダンスタイルをはじめ、さまざまな種類があります。こうした中から、あなたの好みに合ったベッドを選ぶことが大切です。快適に眠るためにも、それぞれのベッドの特徴を知っておきましょう。

ベッドメイン.jpg

ナチュラルスタイル

自然の味を活かしたナチュラルスタイルが好きなら、薄い色目の木材を使用したベッドを置きましょう。ナチュラルスタイルの場合には、デザインがシンプルなベッドが良いです。木目とホワイトでまとめると、シンプルでありながら清潔感を感じることができます。布団も薄めの色を取り入れることで、全体的に統一感が生まれます。
木の質感が感じられるベッドにすれば、リラックス空間になるでしょう。天然素材によるぬくもり、あたたかみを感じられるのが、ナチュラルスタイルベッドの魅力です。窓に近い場所に配置することで、朝の光を浴びながら、より自然を感じることができます。部屋全体にも木製の家具を配置するとマッチするでしょう。

ベッドナチュラル.jpg

モダンスタイル

モダンスタイルが好きなら、モノトーンの色合いのベッドが良いでしょう。デザインは大人っぽいものやデザイン性が高い物がおすすめです。木材のベッドなら、淡い色のタイプよりも、濃いカラーがベストでしょう。ベースがウォールナット材であれば、使い込むほどに深い風合いが出てきますし、高級感も感じられます。深い味わいを感じながらゆっくりと眠りたい方におすすめのスタイルです。

ベッドモダン.jpg

クラシックスタイル

クラシックスタイルにはいくつか種類があり、その中の一つにヨーロピアンクラシックがあります。ヨーロピアンクラシックが好きなら、グレーや白を基調としたコーディネートもおすすめです。エレガントで高級感を感じさせるデザイン、アンティーク家具を合わせて配置することで、よりクラシックな印象となります。ディテールにこだわりましょう。また、脚が特徴的なデザインのベッドや彫の入ったベッドにすれば、格調あるクラシックスタイルになります。
ヨーロピアンだけでなく、イングリッシュクラシックスタイルのベッドもあります。色はダークブラウンにすることで、全体的に落ち着いた雰囲気にまとまるでしょう。

 

 

アジアンスタイル

アジアンスタイルが好きなら、植物を編んで作られた素材を使ったベッドを配置しましょう。使われている素材は、東南アジアが原産地のアバカが一般的です。ベッドの近くに観葉植物を配置したり、同じ素材の家具で統一したりすればより一層アジアンスタイルがききます。リゾートホテルのような雰囲気にしたいなら、ベッドに天蓋をつけてみるのも良いかもしれません。ベッドの周りにゆったりと天蓋を取り付け間接照明も設置すれば、優雅なアジアンスタイルになります。また、枕や掛け布団には花柄を合わせるのがおすすめです。アジアンスタイルのベッドなら、南国気分を味わいながら眠れること間違いないでしょう。

ベッドアジアン.jpg

カントリースタイル

カントリースタイルが好きなら、パイン材やオーク、チェリー等の木目を活かした懐かしい感じのするベッドを選びましょう。自然素材の家具を配置すればナチュラル感が漂います。ベッドのテイストに合わせたファブリックを使えばカントリースタイルを強調できます。アメリカン・ブリティッシュ・フレンチなど、カントリースタイルにもいくつか種類がありますが、フェミニンな印象のフレンチカントリーなら白目の色合いのベッドを選ぶのも良いでしょう。

ベッドカントリー.jpg

和風スタイル

和風スタイルというと、ベッドよりも布団を思い浮かべるかもしれません。しかし、和風スタイルのベッドもあります。アースカラーの色合いのベッドを置くのがおすすめです。ロータイプにすれば和を感じることができるでしょう。また、畳で作られた無垢素材のベッドもあり、木材とイ草の独特な匂いやあたたかみを感じながら心地よく眠れます。ベッドルームのある部屋は日の光が部屋全体に行きわたるように設計すると、より心地良く目覚められます。

ベッド和.jpg

ベッドは、好みのものを選ぶことによって、よりリラックスできる空間になるので、ベッドの横にはサイドテーブルを設置するなど、一工夫加えるだけでも使い心地やセンスをよりアップさせてくれます。サイドテーブルにはオシャレでシンプルなライトを置けば、さらに洗練された雰囲気を醸し出してくれるでしょう。自分にとって居心地の良い空間を作れば、疲れた体もしっかりと癒されるはずです。また次の日から頑張ろうと言う気持ちになれるのではないでしょうか。これらを踏まえ、心地よいベッドルームのコーディネートを考えましょう。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (239)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)