KAGURA OFFICIAL BLOG

一枚板選びにおける表示価格は「どこまで含まれるか」を見る

2022.10.20

 

 

一枚板天板選びにおいて価格は重要な要素となるか


 

無垢材テーブルを求める人の中でも高い人気を誇る、一枚板天板を使用した「一枚板テーブル」。

毎日家族が使うものとして、そして住まいの「顔」として、妥協せずに納得のいくものを選びたいものです。

「妥協せずに」「納得のいく」という基準には様々なものがあります。

サイズや樹種、形状、表情の違いなど人によっても異なるでしょう。

そして、その中には価格も含まれるはずです。

ものを買う、という行為において価格は切っても切り離せないポイントであり、たいへん重要な要素ともなってきます。

 

 

安価な樹種でも良質なものはたくさんある


 

 

一枚板天板の価格は非常に様々です。

樹種によって価格が異なるのは、あくまでその樹種の知名度や加工性によるものです。

高額な樹種が優秀で、そうではない樹種が良くないものということではありません。

一般的な原木の流通価格の相場や乾燥工程の難易度、実際に使用できる部分の多少などの理由を含めてそのようなことになっており、あるいはその販売店やメーカーの仕入価格や考え方によるものでもあります。

ですので「この樹種は安価だからちょっとな…」という選び方はお勧めしません。

広く知られていない=流通価格が抑えられているだけで優秀な樹種はたくさんあります。

 

同じ樹種でもサイズや形状、状態によって価格は異なる


 

 

あるいは同じ樹種でも形状や状態によって価格は異なります。

サイズの大小はもちろんあり、幅の長いもの・奥行きの広いものはそれだけ樹齢が高かったことにもなり、より希少であるので価格は高くなります。

また、形状がまっすぐに近い(=通直と呼びます)ものと曲がりくねっているものでは、前者の方が希少であり高額です。

割れの有無と大小、そして枝部分が朽ちた箇所である「死節(しにぶし)」の多少は価格に反映してきます。

「無節・無欠点」という言葉があるほど割れや節が少ない一枚板は希少であり、そうでないものとの価格の差も生まれます。

 

その価格には「あるもの」が含まれているかいないか?


 

一枚板天板は家具販売店・一枚板専門店・銘木店など、その販路も様々です。

それぞれがそれぞれの事情で価格を設定しています。

ある店舗で見た一枚板天板と同程度のものが他の店舗と価格が違っていても不思議ではありません。

全てが一点ものであり、それぞれに異なる特徴を持っているがゆえですが、その価格にはあるものが含まれているかいないか、という違いがあります。

 

 

その価格には一枚板天板をテーブルとするのに必要な諸経費が含まれているか?


 

 

その「あるもの」とは「その一枚板天板をテーブルとする際に必要な諸経費が含まれているか」という点です。

簡単に言うと「税込み価格か」、そして「脚や仕上げ塗装の代金がそこに含まれているかいないか」で、店舗で目にする表示価格は異なってきます。

その一枚板天板を検討する際には、その価格が「税込みの価格か」「脚が含まれているか」「仕上げ塗装代は入っているか」という点を確認する必要があります。

 

その価格には「脚の価格」は含まれているか


 

 

税込み価格については、物販における表示価格には消費税が含まれていないとならない、という決まりがあるのでそこに差が出ることはあまりありません。

違いが出るのは「脚が含まれているか」「仕上げ塗装代が入っているか」です。

一枚板天板のみではテーブルにすることはできません。

その形状や材質はともかく、何らかの手段で脚は必要です。

一枚板天板の表示価格には脚の代金が含まれていないこともあり、脚の価格もどのようなデザインのものを選ぶか、あるいは材質を選ぶかでも変わってきます。

「この一枚板天板はお買い得だ」「この一枚板天板が欲しい」と購入を検討する際には、その価格には脚の代金が含まれているかどうかを確認することをお勧めします。

 

その価格には「仕上げ塗装の価格」は含まれているか


 

無垢材テーブル オイル塗装

 

仕上げ塗装の代金が表示価格に含まれていないケースもあります。

一枚板テーブルに限らず、無垢材家具は木を保護するための塗装を施さなければなりません。

この仕上げ塗装の金額が表示価格に含まれていないケースもあります。

基本的には表面にコーティングを施す「ウレタン」「セラウッド」、あるいは油分を浸透させて内部より保湿する「オイル」などがありますが、これらを選ぶことができるかどうか、そして表示価格にはそれが含まれているかどうかを確認しましょう。

 

一枚板天板の価格は「天板の価格」+「脚の価格」+「塗装の価格」の総額を見る


 

 

一枚板天板の販売では天板のみの価格を表示していることもあり、その場合、脚と仕上げ塗装の金額は別途となります。

さらに言うなら配送費も加わってくるでしょう。

そのことから、一枚板天板の購入は「天板の価格」+「脚の価格」+「塗装の価格」(+配送費)、の総額がテーブルとしての価格となる訳です。

 

家具蔵の一枚板天板は「脚代・仕上げ塗装代」込み!


 

 

私ども家具蔵でご案内する一枚板天板の表示価格はすべて「脚」「仕上げ塗装」込みの価格です。

世界各国から選りすぐった30前後の樹種の一枚板天板をどれもそのような体制でご紹介しています。

一枚板天板の脚は一般的には5万円~8万円ほど、仕上げ塗装もどれを選ぶかで価格が異なることがありますが、家具蔵ではどちらも実質無料でご案内しています。

つまり、家具蔵では表示価格は「テーブルとなった際の総額(配送費は別途加わります)」となります。

そして、合わせるダイニングチェアの座面高やそのほかのニーズに応じた高さ設定も一部を除き無料、脚の取付け位置も自在に設定できます。

工場直営ショップですので将来的なメンテナンスの心配も不要です。

 

家具選び・一枚板天板選びには様々な基準がありますが、ポイントを抑えることで良い意味で選択の幅は狭くなり、選びやすく楽しく家具選びができるようになります。

「価格」ももちろん重要なポイント。

それ以上に大事な部分とも合わせて、良い一枚板選びを行ってほしいと考えます。

お気軽にご相談ください。 

 

家具蔵の一枚板天板の詳細情報はこちらから

 

 

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2024 (76)
  • [+]2023 (366)
  • [+]2022 (364)
  • [+]2021 (365)
  • [+]2020 (369)
  • [+]2019 (366)
  • [+]2018 (85)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (32)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.