KAGURA OFFICIAL BLOG

毎日の暮らしにあると便利な「ちょい足し」無垢材家具とは

2022.9.29

 

日々の暮らしの中で

「ここにこれがあったら便利なのに」

「あの場所にあのくらいのサイズのものがあるともっと楽だな」

と、ふとした時に感じた経験はこれを読んでいる皆さんもあるはずです。

このような「これがあると便利」「これがあると楽になる」という考えが新しくモノを購入する際のきっかけのひとつとなることは周知のとおりです。

日々の暮らしをもっと楽にする「必要」はいわゆる発明の根幹にあるものであり、その必要や便利を求めて、社会も日々イノベーションを続けています。

 

ボリュームの小さい家具が日々の暮らしに便利さをプラスしてくれる


 

 

その「必要」は毎日の暮らしを営む中で生まれるものであり、毎日のなかで常に使用しているものの一つに家具があります。

家具といえばダイニングテーブルやダイニングチェア、ベッド、ソファといった大きなサイズのものがパッと頭に浮かびますが、そのようなボリュームを要するものだけではなく、小さなサイズのものも存在します。

それは私ども家具蔵がご案内する無垢材家具というカテゴリーにおいても同様です。

例えばスツールやベンチ、ソファテーブルやナイトテーブルなどはその代表格といえるでしょう。

そして、そのようなサイズも価格もボリュームが小さい家具こそが、日々の暮らしにもっと便利さや快適さを付け足してくれるような存在となりうるのです。

 

無垢材スツールを「ちょい足し」する


 

 

玄関で靴を履く際に腰をかがめたり、三和土に座ることで立ち上がりが大変だった経験はないでしょうか。

特にブーツを履く際には脱ぎ履きに難儀することもあります。

そのようなことが無いように玄関にスツールを置くことはお勧めです。

スツールとはいわゆる背もたれのない簡易的な椅子のことです。

基本的に座面と脚というシンプルな構成のものであり、コンパクトなサイズで立ったり座ったりの繰り返しが多い人や出入りの多い場所で重宝し、あるいは来客の際に使用する予備の椅子としても活用されます。

本来は「テーブルやデスクに向かった食事や作業で使用する」ためのものですが、この「シンプルな構成」「コンパクトさ」という点がそれ以外に活用ができる大きな理由となり、また日々の暮らしの「ちょい足し」にもってこいであったりするのです。

スツールにはシンプルで無駄の少ない、洗練されたフォルムを持つものが多くあります。

そのようなものはそこにあるだけで空間の雰囲気を高めインテリアのアクセントとなります。

住まいの顔となる玄関にインテリア性を与え、靴の着脱を便利にする、という実益を兼ねてスツールを玄関に配置することはお勧めです。

お出かけ前もしくは帰宅時の手荷物置きにも使用できます。

あるいはソファの前に配置するリビングテーブルの代わりに利用すればソファ前を広々と使用できるだけでなく、通常のものよりも自身の近くに必要なものを置いておくこともできます。

ベッドの横でスマホやメガネなどを置いておくのも良いでしょう。

もちろん来客時には追加の椅子として使用します。

一つで何通りもの役割を果たすスツールはちょい足しにはもってこいであり、無垢材スツールならシンプルなデザインながらも空間に自然の風合いをアクセントとして与えてくれるものとなります。

スツール程度のサイズのベンチも良いでしょう。

家具蔵なら無垢材ベンチもサイズオーダーできるので、より自身のニーズに合ったものが手に入ります。

 

無垢材ソファテーブルを「ちょい足し」する


 

ソファ前にリビングテーブルを置くのは定番の家具レイアウトです。

しかし、ある程度のボリュームが出ることでスムーズな回遊を妨げたり、食事などに手が届きにくい(あるいは無理のある姿勢になる)ことも多々あります。

そのような事態を解消するのがコの字型でソファに差し込むようにセットできるソファテーブルです。

身体の近くにちょっとしたものを置いておけるので、ソファに座りながらの飲食や作業をするのにも便利なアイテムです。

キャスター付きのものが便利ですが、家具蔵の無垢材ソファテーブルは分厚い無垢材を職人技でしっかりと組み上げているので頑強且つこれ以上ないほどシンプル。

そのうえでキャスターも露出せずスタイリッシュです。

スツールと同じようにベッドサイドに置くのも良いでしょう。

 

無垢材ナイトテーブルを「ちょい足し」する


 

 

ナイトテーブルとはベッドの横に置いて、就寝時あるいは起床時に必要なものを置いておく、あるいは収納しておくものです。

ベッド横にあることで便利さがあり、その場面での「ちょい足し」はもちろんのこと、別の場面でのちょい足しにも効果を発揮します。

それは「ソファの横」です。

ソファで寛いでいる時間、ふとした時に手元に必要なものがあれば便利です。

そのままテーブルや床に置いてしまいそうになる小物やリモコンもいざという時に見当たらなかったり、そもそも乱雑な印象を与えます。

ナイトテーブルは就寝時にベッドの横に丁度良い高さであることが必要な条件であり、ソファ横に置いても適度に高さが抑えられるので空間に圧迫感を与えないこともちょい足しにお勧めである理由です。

家具蔵の無垢材ナイトテーブルは、7つの樹種から選ぶことができ、用途に応じた特注仕様への変更も可能です。

ソファ回りの整理整頓にお困りの人にもぜひお勧めのものとなっています。

 

毎日の暮らしにあると便利な「ちょい足し」家具の数々。

家具蔵の無垢材家具なら用途や空間の雰囲気に合わせたチョイスが可能です。

自然の風合いをアクセントにもでき、長く愛用できるのが「ちょい足し」無垢材家具の特徴です。

どのようなちょい足しが考えられるのか、皆さんも考えてみて、工場直営家具ショップ「家具蔵」へご相談ください。

 

その他の「ちょい足し」無垢材家具も見つかるかも。商品ラインナップはこちらから

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2024 (47)
  • [+]2023 (367)
  • [+]2022 (364)
  • [+]2021 (365)
  • [+]2020 (369)
  • [+]2019 (366)
  • [+]2018 (85)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (32)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.