KAGURA OFFICIAL BLOG

「素敵」

2015.6.20

皆さん、こんにちは。

梅雨も本格的になり、今年は雨の量も全国的に多いとの事。雨が好き!という方もあるなかで、多くの方にとっては、やはりなかなか憂鬱な季節です。

そんななかで我々スタッフに元気と活力を与えてくれるのは、やはりお客様から頂くお褒めの言葉。

店舗でサンプルをご覧になった瞬間、お納めした品物が届いたとき、しばらくお使いいただいて感想をお伺いした際…。

「素晴らしいね」「素敵ね?」まるで自分のことを褒められているような感覚で、たいへん嬉しくなります。

 

先日あるスタッフが見た映画で、この「素晴らしい」「素敵」の語源のことを語っていたそうです。

「素晴らしい」は「何も飾らず、素の状態で晴れ晴れしい」。

「素敵」はその最上級で、「素晴らしすぎて敵がいない」という意味だと。

 

実はこれ、正確に言うと違うのですが「ああ、綺麗な解釈だな」と感じました。

そしてこんなことも思いました。

家具蔵の家具は無着色。色は着けず、つまり素の状態です。木目もデザインのひとつと考え、原木からしっかりと目利きが見極め、数mm単位で刃を入れながら素材にしていきます。

全ては着色をせずに、素の状態で最高のものをお届けする為。

 

154丸太断面BLOG.jpg

製材前のウォールナット。ここからどんな表情のものが出てくるのか…

 

皆様もどうか家具蔵の家具を見る機会があれば、そしてどなたかにご紹介いただくことがあれば「素敵だね」「素敵でしょ」と最高級の褒め言葉で接してあげてください。

 

51WNDTBLOG.jpg

原木仕入で木目のバランスが秀逸なウォールナットのダイニングテーブル


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (267)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.