KAGURA OFFICIAL BLOG

無垢材ブックボード(本棚)のオーダーのポイントを知る

2020.11.15

 

 

無垢材ブックボードをオーダーするということは、部屋のサイズや使い勝手にあわせた自分だけの本棚を手に入れるということになります。

壁一面をブックボードにしたり、家のデッドスペースになっている隙間を活用したり、仕様、デザインなど見た目にもこだわることができます。

適した収納があるということは、片付く事だけではなく、そのお部屋の雰囲気、居心地、使い勝手を格段に高める事ができます。

それを自然材である無垢材でつくる。

空間に自然のぬくもりが入り、雰囲気がやさしくなるうえ、耐久性も折り紙つきです。

自宅で過ごす機会の多くなった昨今、収納家具をお考えの方も多いのではないでしょうか。

反面、オーダーが初めて、予算は?などわからないことも多く、一歩を踏み出せずにいる方もいることでしょう。

そこで今回はそんな無垢材ブックボードのオーダーのポイントを3つご紹介していきます。

 

 

ブックボードの種類を知る


●オープンブックボード

扉がついていないブックボードのことです。

何の本を収納しているのか一目で分かり、本の出し入れがしやすいというメリットがあります。

また、本の他にも雑貨をディスプレイしたりするなど自由度も高いブックボードになります。

背板を付けずに前後の無いデザインにして、お部屋のパーテーションとして活用することも出来ます。

 

●扉付きブックボード

扉が付いているブックボードは、収納物のホコリや日焼けを避ける事ができ、それらを隠しておくこともできるため、雑多な状態になることを避ける事が可能です。

「扉の開閉」というワンアクションが必要な点をどこまで考慮するかが、このタイプのポイントとなります。

 

●スライド式ブックボード

ここでいう「スライド式」は、前後分割式になっていて前面がスライドし、二重に収納できるようになっているもののことです。

収納量も増え、スライドするので奥のものの出し入れも支障ないのが特徴です。

しかし、二重になっていることで奥行きが浅くなることも多く、収納できる本が限られてきてしまうというデメリットが生じます。

 

●コーナー式ブックボード

家の中でデッドスペースになりやすいコーナーを有効活用できるブックボードです。

しかし、どうしても使用できるスペースが限られてしまうため収納量は低くなってしまう可能性もあります。

 

●壁面収納ブックボード

基本的に壁一面をブックボードとしたもので、非常に収納量に富んだブックボードとなります。

また収納を一壁のみに集約する事で他に収納を置かずに済むため、お部屋をスッキリと使うことが出来ます。

表面積が大きくなる点、あまり高さが出ると書籍の出し入れが困難になる点、転居の際に動かしづらい点などの考慮点もあり、また、圧迫感が出る可能性は否めません。

背板を抜いて壁面を見せる・高さのバランスを家具店のスタッフと打合せする・転居の可能性と対応策を考えておくなどで、満足のいく収納計画に近づきます。

 

イメージを膨らます


次にそのブックボードに何を仕舞いたいのか、その空間でどう過ごしたいのかイメージする事が重要になります。

書斎なのか、子供部屋なのか、お仕事部屋なのかなど。

シーンもそれぞれかと思います。

しかし、ここでのポイントは「シーンのイメージ」のみで大丈夫です。

「〇〇畳の○○用の部屋の、この辺にだいたい横幅○○cmぐらいでこんなブックボードを置きたい」というイメージを膨らませておくことが重要なのです。

自身のイメージを適正に具現化し提案してくれる店舗、スタッフを見付ける


「イメージ」がある程度かたちになってきたら、次は相談相手を探しましょう。

大事なのは家具に詳しく経験数の多い店舗、スタッフを見付けることです。

実はお部屋のサイズは建築基準法によりある程度決まっていて、間取り図面は勿論のこと、畳数をお伺いする事で大まかなサイズが見えてきます。

建具や、今ご使用の家具なども同様にお話を聞かせて頂く事で空間をつかむことが出来ます。

話をしてみて、手書きのラフ図面などを起こし、提案出来るスタッフはある程度の経験と知識があるでしょう。

また、オーダーメイドは時として奇抜なデザイン、サイズも可能にすることで結果として使いづらいものが出来上がる可能性もはらんでいます。

そんな時、経験、知識のある店舗、スタッフは使いやすく、長く愛せるものをしっかりと是正提案してくれるはずです。

また、わかりやすいツールの揃った店舗であることも大事です。

オーダー家具は注文頂いてから製作するため、基本的には初めて実物をご覧頂けるのは納品の時になります。

その為、図面だけではなく、パーツのサンプルやこれまでの実例写真、3Dシミュレーションなどが揃い、ご注文前に形として把握できるツールの揃った店舗を選ぶことで、より安心してイメージを具現化できるというわけです。

 

収納家具を変えるだけで、その空間の居心地や生活動線が変わり、住環境は大きく変わります。

つまり、無垢材ブックボードをオーダーするということは、より良い住環境を作るということでもあるのです。

まずは、イメージを膨らませいくつかの店舗を回ってみてはいかがでしょうか。

家具蔵の各店ではお客様のライフスタイルやお住まいに合わせ、様々な事例を知る経験豊富なプロスタッフが快適に使用できる家具をご提案しています。

お気軽にご相談下さい。

 

家具蔵の無垢材ブックボードのある暮らしの事例はこちらから

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2020 (354)
  • [+]2019 (432)
  • [+]2018 (111)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.