KAGURA OFFICIAL BLOG

使い勝手の良いキッチンボードの選び方

2020.6.3

 

キッチンボードは毎日のお食事の前後の食器の準備と片付けに活躍してくれる「棚」になります。

また家電が収納できるタイプであれば、料理中も活躍してくれる存在です。

家事の効率化を高める上でもとても重要なアイテムになってきます。

今回はこの使い勝手の良い「キッチンボード」についてお話していきましょう。

 

 

キッチンボードの種類


キッチンボードの種類を大きく分けると「家電収納型」「食器専用型」に分けることができます。

「家電収納型」は食器だけでなく、電子レンジ・炊飯器・トースターといった調理家電も一緒に収納するものになります。

「食器専用型」は食器のみの収納をメインに考えたものです。

家電の設置や収納に関しては別途レンジラックなどが必要となってきます。

キッチンをよりスッキリと見せ、調理家電が縦ではなく横に並ぶことで作業効率が高まる、という理由から近年は「家電収納型」のキッチンボードが主流となっています。

 

使い勝手の良い高さ


食器を毎日出し入れし、調理家電の操作も行うキッチンボードは、高すぎても低すぎても使いにくくなります。

食器を片付けたり家電を使うときに背伸びをしたり、屈んだりすることで作業効率が下がるだけではなく、疲労の度合いも増してしまいます。

使いやすい高さに関しては「誰がメインで使うのか」を考えて、その人の身長を中心に考えたサイズの食器棚を選ぶと良いでしょう。

身長150cmの方と170cmの方ではちょうど良い高さは大きく変わってきます。

実際にキッチンボード選ぶときは、メインで使う方がキッチンボードでの作業をしっかりとシュミレーションしながら選ばなくてはなりません。

 

引き出しか扉か


キッチンボードの下台収納はほとんどが扉タイプか引き出しタイプになってきます。

扉タイプは長いモノを収納するには向いていますが、食器を収納するには不向きになることもあります。

奥に収めた食器を取り出そうとすると手前の食器をいったん取り出さなくてはならないことや、逆に片付ける時も手前の食器をいったん取り出さなくてはならないということもあります。

引き出しタイプは引出しを引き出すことで、上からものの出し入れが可能になり、作業がスムーズになります。

そのような理由でキッチンボードの下台収納は引き出しタイプが主流になっています。

 

引き戸か観音開きか


キッチンボードの上台収納は引き戸タイプと観音開きタイプ(両開き扉)があります。

引き戸タイプは扉を開ける時に左右にスライドさせるだけで手前に扉がせり出してこないので、省スペースでも作業がしやすいというメリットがあります。

逆に観音開きタイプですと扉を全開にして棚内が見通しやすく収納はしやすいですが、開け閉めの際に少々場所を取ってしまうので前面には十分な開閉スペースが必要です。

とはいえ、前方に人がいないと開閉できないのは同じで人ひとり分のスペースがあれば観音開きの扉を開けるスペースは十分です。

仮にこの「スペース」でどちらにするかを悩まれるのであればデザインやスタイル、収納物の特徴などをもとに考えた方が後々のことを考えれば良いでしょう。

引き戸か観音開き、どちらにもメリットとデメリットがあるのでキッチン空間や仕舞い方を考え選んでいくといいでしょう。

 

引出しのレールの種類


キッチンボードの引き出しを確認する際、押さえておきたいポイントは実はレール部分です。

食器など重いものを収納する引き出しには引き出しに高機能レールが採用されていると軽い力でスムーズに出し入れできます。

レールによって耐荷重や食器同士が「ガチャ」とぶつかり合わない仕様のものもあります。

 ●ローラー式レール

いわゆる「スライドレール」といわれるもので、スチール製で比較的価格を抑えることができるものです。

小さめの引き出しに採用されるものを多く見ることができます。

食器を収納する引き出しに採用されている場合は耐荷重に注意をして選択の要素の一つとしましょう。

●ベアリング式

ローラー式はレールの中のタイヤがゴロゴロと回りながら引き出しを開け閉めするのに対して、ベアリング式は小さな金属のボールが伸縮する複数のレールの間に敷き詰められています。

抵抗が少なく滑らかに、少しの力で引き出しの開け閉めが出来るようになっています。

丈夫で作業の安定感があるので故障のリスクも少なくなってきます。

●ソフトクロージング機能(ベアリング式)

ソフトクロージング機能とは軽く押すと自動的にゆっくりと静かに閉まる機能となります。

引出し内に食器をいっぱいに収納し、引き出しを閉じるときのショックをやわらげ、食器のぶつかる衝撃や音を低減してくれます。

力強く閉めても、最後は自動でゆっくりと閉まってくれるので音に対しても余計な気を使うことなく使うことが可能です。

 

使い勝手のよいキッチンボードを選ぶには様々な観点がありますので、事前に使う場所や使い方、使う人、また必要な機能をセルフチェックしてから販売店に行かれるといいでしょう。

家具蔵ではオーダーで無垢材のキッチンボードを製作しています。

無垢材のキッチンボードは機能面だけではなく、無機質になりがちなキッチンにぬくもりを与え、使い込むごとに味わいが増していきます。

一生もののオリジナルキッチンボードをご提案しますので、一度店舗に足を運んでみてください。

 

家具蔵の無垢材キッチンボードの詳細・ラインナップはこちらから

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2020 (217)
  • [+]2019 (432)
  • [+]2018 (111)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.