KAGURA OFFICIAL BLOG

ダイニングテーブルから始める無垢材家具

2019.11.7

家具選び。

様々な種類のあるなかで最初に決めるべきものはどれか。

そんな方は空間の「顔」となるダイニングテーブルから、家具選びを始めてみてはいかがでしょうか。

そしてそのダイニングテーブルの素材については「無垢材」をおすすめします。

何故なら無垢材のダイニングテーブルには、様々な優れたメリットがあるためです。

 

木質系加工材料と無垢材の違い


一般的な家具店で販売されている木のテーブルの多くは「木質系加工材料」というものでできています。

例えば木質系加工材の代表である「合板」はベニヤ(木材から薄く剥かれた「単板」のこと)を何枚か積層して接着したものこのことです。

その表面に化粧シートや、突板を圧着し加工した工業製品を総称して「木質系の…」と呼称します。

大量生産が可能で扱い易く、同じものを安価に作ることを目的としています。

「本物の質感が欲しい」と思ったら無垢材のテーブルを検討するべきです。

木の持つ本来の表情、風合い、手触りを楽しむことができ、無着色で仕上げているものは経年での色の変化による木肌の魅力も味わうことができます。

傷だって目立たず、味になります。

「木質系の加工材料」は長く使ううちに色が褪せてくる、表面材が剥がれてくる…。

使用していくうちに出る表情が「味」ではなく、ただ古くなっただけというものです。

使っていくうちに傷みがそのままモノの価値を下げてしまうのか、キズさえも風合いとして残るものが良いのか。

そして、それをメンテナンスできるかできないか。

それも「長く使用できるものが欲しい」という希望が叶うか否かを決める部分です。

無垢材テーブルは傷や傷みも削りなおすことで元通り美しい状態となります。

そうしたメンテナンスを繰り返しながら何世代にも渡って使用できる、そんなテーブルになるのです。

同じ木のテーブルでもこうした違いがあるのです。

経年により独自の風合いが生まれ、世界にひとつしかない自分だけのものへと「成長する」テーブル。

住まいの空間の中心にレイアウトするダイニングテーブルには、家族の楽しい思い出が刻まれることになります。

耐久性が高く長期間の使用に耐える無垢材のダイニングテーブルは、子供や孫の代へと引き継いで使い続けることができるのです。

 

 

無垢材テーブルのメリット


無垢材のダイニングテーブルのその他のメリットとしては、天然素材ならではの質感の高さや手触りがあげられます。

写真で見るとよくわからないかもしれませんが、実際に家具店の店頭で無垢材のダイニングテーブルと「木質系加工材料」でできたダイニングテーブルを比較してみると、その違いをはっきりと感じられるでしょう。

無垢材のダイニングテーブルには一目でわかる高級感があり、手で触ってみると自然な感触があります。

無垢材のダイニングテーブルには素材の雰囲気を活かす仕上げが施されていることが多く、視覚や触覚で独自の風合いを感じることができるのです。

自然が生み出した天然のデザインを楽しめることも、無垢材のダイニングテーブルのメリットです。

立木の状態そのままの形状を味わうことのできる一枚板。

鮮やかで世界に同じものが2つとない木目を存分に生かしたデザイン。

それらは日常の暮らしの中で視覚的に、触覚的にも「癒し」となって私たちに恩恵を与えてくれます。

無垢材のダイニングテーブルは、オーダーメイドへの対応が充実していることもメリットだといえるでしょう。

一枚板にも様々なサイズがあり、また、注文を受けて製作するテーブルはサイズや脚の形状などの選択の幅がとても広くあります。

自身の住まいや暮らしのスタイルに空間に合わせたオンリーワンのダイニングテーブルを手に入れることができるのです。

デザインや使い勝手にこだわる人にも、無垢材ダイニングテーブルは非常に魅力的な選択肢といえます。

 

無垢材テーブルの樹種は


無垢材ダイニングテーブルには様々な樹種でつくられます。

それぞれの樹種には独自の特徴や個性があります。

利用目的や嗜好、生活空間に合わせた樹種を選んでみてください。

ダイニングテーブルに使われることが多い樹種としては、まずはウォールナットがあげられます。

ウォールナットは数ある「銘木」のなかでも常にトップクラスの評価と人気を誇り、落ち着いた重厚な雰囲気が特徴です。

最初はまさしく「黒」といった色合いが使い込むことでまろやかな色合いへと変化します。

また、油分が強く、その影響で墨を流したような表情は和室とも相性抜群、ユーティリティ性のある樹種です。

ウォールナットはモダンな生活空間にもシックな生活空間にも、自然に馴染む樹種といえます。

明るく、ナチュラルなダイニングを標榜する方はハードメープルを検討してみてはいかがでしょうか。

ダンスフロアやボウリング場などの床材としても使われる樹種であり、適度な硬さと弾力性を有することが特徴です。

その艶やかな木肌は「真珠」とも形容されるほど。

爽やかで清潔感のあるダイニングを構築してくれるはずです。

柔らかく、暖かみのある雰囲気を演出したい方は、チェリーをお勧めします。

家具蔵でも扱う「アメリカンブラックチェリー」は、その経年変化の鮮やかさが大きな特徴と魅力です。

製材されたばかりの材料は桃色がかかったような色合いですが、使用していくうちに徐々に赤味がかった深い色合いへと変化します。

時の流れにより磨かれたチェリーの柔らかい木肌の輝きと艶は、生活空間にやすらぎやくつろぎをもたらしてくれるのです。

 

家具蔵ではダイニングテーブルこそが家族が集まり、毎日をつくり、物語を紡いでいく場所と考え、様々な方向から無垢材ダイニングテーブルをデザインや樹種も豊富に取り揃えています。

住まいの「顔」となるダイニングテーブル、その選び方もお話ししますのでお気軽にお立ち寄りください。

 

家具蔵の無垢材テーブルのラインナップはこちら

家具蔵の一枚板天板のラインナップはこちら

家具蔵の無垢材テーブルのある暮らしの事例はこちらから


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [—]2019 (328)
  • [+]2018 (112)
  • [+]2017 (65)
  • [+]2016 (69)
  • [+]2015 (44)
  • [+]2014 (36)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (130)
copyright AIDA Co,.Ltd. All Rights Reserved.