テーブルから始まる
こだわりの空間

vol.03 ウォールナットのダイニングテーブル 東京都 及川邸

vol.03 ウォールナットのダイニングテーブル 東京都 及川邸

住まいのことはすべてダイニングテーブルから発想し、合うものを考えたという及川夫妻。結婚を機に家具蔵でテーブルと椅子を購入し、その後間取りや内装を自由に設計できるご新居を選び、壁の位置や照明、フローリング、などはダイニングテーブルを中心に考えていった。お住まいはお二人の人柄を象徴するように自然光が差し込む清々しい空間だ。何年か前に自由が丘の街を歩いているときに家具蔵の外にディスプレイされていた椅子に魅力を感じ、店内に足を踏み入れたのが家具蔵とお二人の出会い。人当たりがよく誠実で優しさあふれるご主人の賢さん。着物の着付師の資格を持つ、多趣味で笑顔が素敵な奥様の美里さん。普段の買い物では意見が分かれることもしばしばあるそうだが、家具に関しては二人の意見がぴったりと合ったという。

「家具蔵さんの家具はとても洗練されていて木の質感が素晴らしく、いろんな木から選べることにも魅力を感じました」と語るお二人。

お二人が選ばれたのは、使うほどに美しいグラデーションを描きながら、味わい深く経年変化するアメリカンブラックウォールナットのテーブルと椅子。それ以来時間をかけて楽しみながらウォールナットの家具を増やし空間をコーディネートしていかれたお二人。「心から気に入った家具に囲まれた生活は、それだけで毎日とても幸せな気持ちになります」と美里さん。「マンションのディベロッパーの方が我が家を訪れた際、家具がよいとこんなに建物が良く見えるんですね、と驚かれていました。マンションのグレードが上がって見えるのでモデルルームでも使いたいとお話されておりました」と住まいに訪れるお客様にも好評のよう。安い買い物ではないので家具を購入するときはじっくりと考えたというお二人。「よい家具は使い捨てのような家具と違いずっと長く使えますし、使っていくうちにキズが必ずつくもので、ついたときにそれが味になるような本物の素材であることや、将来工場できれいに補修することもできる安心感などを考えると、今では決して価格的に高いものではないと思ってます」というお二人。

「この先、どこに引っ越すとしてもまずはこの家具が活かせる住まいに住みたいですし、ずっと一緒の家族のように考えているんです」と素敵な笑顔で語るお二人。家族同然の愛情が向けられた家具たちが幸福そうに感じられた。

XX
自然光がたっぷりと差し込み、高い天井の開放感溢れる空間にシンプルなウォールナットの家具をレイアウト。 ソファは「どの角度から見てもデザインが素晴らしい」とご主人様大のお気に入り。
XX
結婚を機に購入した二人の思い出のテーブルと椅子。「板座なのに体に削りこまれた座面が体にフィットして長く座っても疲れないんです」と嬉しそうに椅子をなでる奥様。いつも目が届くローボードの上には結婚式の素敵なお二人の写真が飾られていた。

掲載された商品

事例を見る

木材別事例: