1. 家具蔵HOME
  2. サービス&サポート
  3. 商品について(テーブル・チェア編)よくあるご質問

よくあるご質問

皆様よりよくご質問をいただく内容まとめてみました。他にも色々とご質問がございましたらお気軽にお電話か、お問い合わせページよりお問い合わせください。

商品について(テーブル・チェア編)よくある質問一覧
しっかりした無垢材テーブルを選ぶポイントはなんですか?
テーブルのサイズはどのように決めれば良いですか?
テーブルの高さはどのくらいが良いのですか?
テーブルの脚はデザインだけで選んで良いのでしょうか?
長時間座っても疲れにくい座面はどのようなものですか?
座面の高さはどれくらいが良いのですか?
全て同じ形の椅子を揃えた方が良いですか?
張り座の椅子は小さい子供やペットに汚されないか心配です・・・

しっかりした無垢材テーブルを選ぶポイントはなんですか?

テーブルは表だけ見てもわかりません。
テーブルの表は綺麗に作られているもの。見極めるポイントは、テーブルの妻手(短手)面の木口の木目と天板の木目がつながっているのかを確認すること。ここがつながっていないテーブルは「突き板」と呼ばれる無垢材を0.2mm位にスライスしたものを貼ったテーブルです。もう一つは、板同士の接合部分が指状に削り出した「フィンガージョイント」でしっかり組み込まれているか。このジョイントは接合面積が平面と比べて2倍になり、上からの加重に強く、板同士のズレや段差を防ぎます。一般的なテーブルは何枚かの板同士を直面で接合してあります。
また、仕上げの仕方についても、裏面が表面と同じように仕上げが施されているかを確認しましょう。

質問一覧へ

テーブルのサイズはどのように決めれば良いですか?

テーブルサイズは室内条件と集う人数などの使い方で決まります。
十分にスペースがあれば来客時の最大人数を目安に、来客が頻繁でないならご家族の人数を優先してお考え下さい。
一人あたり幅60p〜70cmくらいのスペースが確保できるサイズが最良です。
ダイニングテーブルをリビング兼用としても使うのであれば、ひとまわり大き目のサイズをお勧めします。ソファや床に座ってリビングテーブルを使う時間が長いのなら、ダイニングテーブルは人数に合わせた調度良い大きさが良いでしょう。食事以外にも使用する場合は、お考えのサイズから一回り大きめのテーブルが使いやすいです。テーブルの片側で読書をするお父さん、その前で縫い物をするお母さん、その隣で宿題をする僕。テーブルは家族が集まる団欒の場です。それぞれのライフスタイルに合わせたテーブルを選びましょう。間取り図から最適なサイズをご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。

質問一覧へ

テーブルの高さはどのくらいが良いのですか?

ダイニングテーブルの高さは70p前後が標準となります。
それはテーブルの高さと椅子の座面高の「差尺」を考えると、使いやすい差尺は27p〜30pが良いとされているため。たとえば、椅子の座面高が40pであれば、テーブルの高さは67p〜70pということになります。書斎用のデスクとしてお使いになる場合は少し高めが良いでしょう。

質問一覧へ

テーブルの脚はデザインだけで選んで良いのでしょうか?

脚の取り付け位置やデザインは生活スタイルやお使いの椅子によって異なります。
椅子と組み合わせて使う場合、脚の取り付け位置により使い勝手は左右されます。長手方向に何脚椅子を置くのか、妻手(短手)に人が座る前提なのか、最大何人で使用するのかなど、それぞれのケースに応じて適切な取り付け位置が柔軟に対応できるものが良いでしょう。また、テーブル用の脚と、座卓用の脚とが取り換え出来るような機能性を持ち合わせると、ライフスタイルの変化に合わせて、長くお使い頂けます。家庭用のダイニングテーブルでは、天板と脚は必ず、しっかりと固定されたものを選びましょう。構造的にも心理的にも安心です。

質問一覧へ

長時間座っても疲れにくい座面はどのようなものですか?

座面は幾分後方に傾斜し、堅めのものが目安となります。
座面が後方に過度に傾斜しているものは腹部に圧迫感を感じますし、逆に座面が水平なものは作業用としては良いのですが、寛ぐ姿勢にはなりにくくなります。また、柔らか過ぎる座面は長時間座ると姿勢の安定性が保たれなくなる場合があります。 座面形状は臀部の形に合せた形状で、体圧が一層広く分散出来るものが良いでしょう。

質問一覧へ

座面の高さはどれくらいが良いのですか?

日本人にとっては40cm前後が妥当となります。
特に踵が床にしっかり付き、膝の裏側が座面で圧迫されない程度の座面の高さが最適となります。
ご自身の感覚での判断が前提ですが、椅子を知り尽くしたプロのアドヴァイスを受けることで、より体にあった椅子選びが可能となります。

質問一覧へ

全て同じ形の椅子を揃えた方が良いですか?

何脚か揃える場合、肘付きと肘無しを組み合わせると生活上便利となります。
肘付きは、肩を落とし腕の重さを支えてくれて一層楽になりますが、頻繁に立ち座りする状況下では肘無しの方が立ち座りがし易く、横座りなど比較的自由な姿勢も可能です。ライフスタイルや使用状況を考慮しながらご自身に合った椅子を選んでください。

質問一覧へ

張り座の椅子は小さい子供やペットに汚されないか心配です・・・

張り座のものは座面が取り外せるものが良いでしょう。
張り座の場合、後々擦り切れなどにより取り換える必要が出てきます。その際、台輪に座面を落とし込んでいて、その都度座面を取り外しながらメンテナンスが出来るものを選ぶといいでしょう。座板の場合は張り替えなどのメンテナンスの心配はありません。

質問一覧へ

  • 見積もり依頼
  • お問い合わせ
  • 店舗情報
    • 表参道店
    • 銀座店
    • 吉祥寺店
    • 自由が丘店
    • 横浜元町店
    • キッチンスタジオ青山
    • キッチンスタジオ吉祥寺
    • キッチンスタジオ横浜
    • ハウススタジオ青山
    • 一枚板ギャラリー
  • サービス&サポート
  • お客様の声/実例集
  • 選べる銘木8種類
  • グッドデザイン賞 受賞作品集

実例集無料プレゼント