家具蔵のオーダーボード

世界から厳選した稀少な銘木から、熟練の職人が素材や木目を活かして仕上げるオーダー収納。
思い通りの家具がなかなか見つからない方は、一度家具蔵に相談ください。
自由な発想から生まれる家具蔵のオーダーボードは世界にひとつだけの理想の収納家具を実現します。

  • お問い合わせ のコピー
  • カタログ請求
  • お見積もり

打ち合わせの流れFLOW

まずは、お近くの店舗へお気軽にご相談下さい。ご要望を確認し、打合せ日時を決定致します。間取り図面をお持ちの方は打ち合わせ当日にお持ち下さい。(スタッフがお客様のご自宅へ伺ってのご相談も承ります。)
店内で実際に無垢の質感を体感していただきながら、ライフスタイルやインテリアイメージ、使い勝手など、暮らし全般のお話しを伺います。今までお使いの収納の不満点やお悩み事などもお聞かせ下さい。
打合せ内容に基づきプランを作成。デザインや仕様などご提案致します。図面やビジュアルツール、また仕様書、見積書を提示します。(打合せを数回行う場合もあります)
プランが確定したら、ご契約書、ご契約図面を取り交わし、正式にご契約となります。ご契約後、製作に取り掛かります。
約3〜4ヶ月の製作期間を経てオリジナルボードが完成します。お届け日などを打ち合わせさせていただき、末永くお使いいただけるよう丁寧に設置を致します。

flow_map

オーダーボード製作図面
仕様がまとまったら詳細図を作成し、最終確認。さらに細かい仕様変更などをお聞きしながら、打ち合わせを重ね、理想の1台を形にしていきます。

flowimage

完成例
世界にひとつの自分だけのオリジナル家具が完成!!届いた時の感動はひとしおです。これから末永く一緒に歩んでいく中で、味わいが増し、さらに愛着が湧いてくることでしょう。

お客様の声USER’S VOICE

img_user_voice03

東京都松田邸ゾーニングを意識したチェリーのダイニングスペース

チェリーのリビングボード

case01_img01

「心底、リラックスできる空間にしたい」というのが、松田さんの新居への想い。それは、リビングでは家族や友人と過ごすほかに、仕事のメールチェックやアイディアを練ることもあり、心地よい空間こそ集中力が増すからとご主人。ご新居を探し続けているそんな時、家具蔵に出会い「触った瞬間、肌触りの良さに感激しました」と当時を振り返る。そして居心地の良さを演出するために、家具蔵から提案されたのが樹種によるゾーニング。それぞれのシーンにふさわしい木を選ぶことで、より深い集中やくつろぎ、楽しさが得られるという考え方である。人が集うダイニングには、チェリー材のテーブルに合わせた収納家具。赤みがかった木の風合いが場を華やかに演出し、人が集うのにふさわしい場所となった。「友人が来ると、居心地が良いと言って、皆さん夜遅くまでくつろいでいただけます。不思議な空間ですね」と誇らしそうな松田さんでした。

img_user_voice07

東京都井上邸骨董を見つめるその審美眼は、家具選びにも通じる

ウォールナットのTVボードとサイドボード

case02_img01

「ウォールナット材のさまざまな色のグラディエーションが好き」と、リビングの壁前面にも家具と同じウォールナット調の壁材を貼られた落ち着いた空間に暮らす。「私たちはね、家の外見なんてどうだっていいの。暮らすのはお部屋の中なんだから、内装の方が、中身の方が大切」と屈託のない笑顔で言い切る井上夫妻。7 年の歳月を掛けて少しずつ買い足されていった家具蔵の家具に囲まれた生活を送る。おふたりは揃って骨董好きで、休暇を利用して、ロンドンの骨董市を回ったこともあるほどだ。骨董を見つめるおふたりの審美眼は家具選びにも間違いなく通じている。「時間を経ると、合成物質のトレンド製品は買いかえたくなる。家具蔵の家具のように天然の素材を使った普遍的なものは、そうはなりません」TVボードもサイドボードも同素材、同シリーズで買い揃えた。購入のタイミングこそ異なるが、時間を経て同じように変化を遂げる無着色家具の醍醐味を存分に堪能する。

img_user_voice07

東京都木村邸お気に入りがすべて収まるオープンシェルフ

ウォールナットのTVボードとサイドボード

case02_img01

オープンシェルフには、スタイリッシュなCDプレーヤーと、サザンオールスターズやカーペンターズの音楽ディスク。感性豊かな若者が住んでいそうなカフェ風の空間だが、そのオーナーは還暦を迎えたばかりの木村さん。年齢にとらわれず、好奇心にあふれた表情にハッピーなオーラを感じる。「自然のままに生きるのが好き。だから家具蔵の無垢材の家具にもすごくひかれるんだろうね」。引っ越しパーティーのときには、友人の蕎麦店のご主人に家具蔵テーブルで直に蕎麦を打ってもらった。「テーブルクロスやランチョンマットは僕には必要ないね。キズや汚れが風合いに変わり、どんどん愛着が湧いてくる」。物にも人にも執着しない主義だが、「この家具は特別。ずっと一緒」と、茶目っ 気たっぷりに笑った。

  • UserInterwiew
  • architect interview
  • Works by scene
  • Works by material

実例集無料プレゼント