家具蔵のキッチン

  • 動画で見るKAGURA
  • KAGURA on TV
  • 家具蔵ドキュメンタリー
  • 実例動画集-KAGURAのある生活-
  • 建築家インタビュー
  • 動画でわかるキッチン納品
  • 無垢材キッチンの実例集
  • 無垢材キッチンの魅力
  • Q&A(キッチン編)

動画でわかる!キッチンが納品されるまで

動画でわかる!キッチンが納品されるまで

家具蔵のオーダーキッチンを納めさせて頂きましたお客様宅の生活シーンをご紹介いたします。

閉鎖的で無機質になりがちなキッチンが、無垢材オーダーキッチンでどのように空間に影響を及ぼすか。設備としてのキッチンだけではなく、空間を彩る「見せるキッチン」の魅力に触れてみてください。

SCENE1

和モダンの空間に華やかさを加える
ペニンシュラキッチン

「システムキッチンも検討しましたが、自然素材を使ったこの家には合わなかったんです。」
とおっしゃるK様。天窓からの静かな光、自然素材の穏やかな表情…。
建築関係の仕事に就かれているK様ご夫妻は、職人ならではの手仕事や自然素材一つ一つに
こだわりがあり、今回の住まい作りをきっかけに、家具蔵のものづくりに対する姿勢に深い共感を得て下さいました。
皆が集まる家に相応しい無垢材の家具とオーダーキッチン。
「子供にも本物を感じながら育ってほしい」そんな願いも託されたオーダーキッチンです。

SCENE2

キッチンとリビングスペースを繋ぐダイニングカウンター

周りの山々を切り取ったような緩やかな大屋根が美しいセカンドハウス。外と内とを繋ぐ寛ぎのスペースにダイニングカウンターを設けました。無垢材を生かした自由度の高いデザインは、 建物との一体感を感じさせます。「素材はもちろん、サイズ、使い勝手すべてがぴったりで、 まるで最初からここにあったようでとても気に入っています。」とおっしゃるC様。
周囲の自然を借景に、家族一緒の時間がゆったりと流れてゆきます。

SCENE3

自然と家族が集まり、料理をするのが楽しくなる無垢材キッチン

「住まいの顔」として最も好みを反映させたいという希望から、何年たってもあきがこず、愛着のもてるキッチンがほしいと考えていたM様。家具蔵の無垢材で自由設計のキッチンに興味を 持ち、M様だけのお気に入りのキッチンスペースが完成しました。毎日料理を作るのが楽しく、家族の憩いの場として、使われています。

SCENE4

歴史を刻む家に品格を添える端正なL型キッチン

「家具蔵ならキッチンも自由につくれるかも?」と言う、娘さんのアドバイスで表参道の ハウススタジオを訪ねたI様。相談を重ねた結果、淡いナラ材のL型のキッチンに小ぶりな アイランドカウンターの組み合わせを選び、ダイニング空間には同材の丸テーブルをあつらえました。
期待を上回るどこかほっとするような穏やかな空間に仕上げました。

SCENE5

暮らしを楽しむ舞台のような森を眺めるオープンキッチン

別荘地として知られる山梨県小淵沢。
村田邸には当初ステンレス製のシステムキッチンが入る予定でしたが、椅子を見るつもりで立ち寄った 家具蔵表参道店で無垢材キッチンの話を聞き、その場でプランの提案を受けて計画は大きく 変わりました。
それからご夫婦が熟考し完成したキッチンで、今ではお二人でゆったりと過ごしています。

SCENE6

なつかしさと新しさが同居する自然体のキッチン

ここは若いご夫婦と二人のお子様が住む、控えめな外観ながら細部まで行き届いた美しい一戸建て。 ダイニングキッチンは合板などの造作のものではなく、無垢材で構成される空間を実現したかったそう です。
無垢のナラ材キッチンはモダンでありながらどこか懐かしさが漂う仕上がりに。
キッチンとダイニングの間には、料理の受け渡しが出来るカウンターを設置。2つの空間を程よく連続させ、 自然体で過ごせる場所としています。
使い込まれて、家族とともに育っていくことでしょう。

SCENE7

家具へのこだわりから生まれたチェリー材の脚付きキッチン

湖からの穏やかな坂の中腹に佇むS様ご夫婦のセカンドハウス。森の空間も取り込む吹き抜けのある ゆったりとした空間に求められるキッチンは、インテリアの一部になるようなオープンスタイルとなりました。 見せるキッチンは美しい家具や装飾品によって日常と非日常が入り混じる魅惑の空間が完成しました。

SCENE8

「間取り」と「家具」の大切な関係

二世帯住宅を新築されたW様。
間取りに悩んでいる中で、建築会社とは離れた立場にある家具蔵からのアドバイス。
生活動線に落とし込んだ家具配置の提案を受け、貴重なセカンド・オピニオンとして話に耳を傾け、 悩みを解決しました。「居心地」や「落ち着き」といった図面上では測る事が難しい問題の相談を真剣に 考える事で納得のいく住まいが実現しました。。

SCENE9

偶然の出会いに恵まれた家具ショップとの家づくり

和歌山県の南紀白浜から程近い、海を見渡す高台に新築されたS様の住まい。
当初は建築計画の状態でプランが決まらず話が進まない状況が続いたそうです。
そんな時たまたま家具蔵のお店に入り、設計部のスタッフとの会話から今の家づくりが動き始めました。
納品時に家具蔵のサポートサービスがとても頼りになったと嬉しいお言葉を頂いています。

SCENE10

オーダーメードで実現した集いの空間

香港在住のE様ご夫婦は日本での終の住まいとして中古マンションの購入とリノベーションを 計画しました。
当初は既製品を選択することで様々な話を進めましたが、一度立ち寄ったハウススタジオに惚れ込み、 同じような空間が作りたいとご相談を頂きました。
今では家族や友人との時間を重視したので、やはり好みのモノでよかったと、ご満足頂いています。

SCENE11

古き良き日本の住宅に溶け込んで

大切な住まいを壊さず、必要な部分に手を入れ価値を生み出すリフォーム。最も需要があり、真価が 問われるのは水回りです。
思い入れのあるキッチンをピカピカのシステムキッチンに変えるにはどうしても抵抗があったK様は、 職人が作る木のキッチンを選択しました。素材本来の質感が生きていて、当たり前の良さがある空間を 「私には合っている」と感じています。

SCENE12

リフォームでキッチンを我が家の特等席に

25年住まわれた家をリフォームすることになったI様。特にキッチンの場所が暗く背を向けての作業を 改善したいと思っていました。
空間全体のご相談も受けている家具蔵にご相談され、対面キッチンの提案や収納家具の話を聞きました。 それにより悩みを解消しただけではなく、統一感のあるお部屋作りが可能となり、 居心地が格段によくなったそうです。

SCENE13

海の見えるオープンキッチン

H様のセカンドハウスは広大な海原が目の前に望める高台にあります。 非日常を演出する休日用のキッチンは調理スペースとカウンターを繋げたようなイメージに。 寛げる自宅でありながら商業施設のように大自然を味わえる、日常と非日常が入り混じった魅力的な キッチンスペースとなりました。

SCENE4

木の温もりが伝わるキッチン

キッチンとダイニングの素材を統一することで、一体感のあるダイニングキッチンをつくられた高橋様。 無垢材の質感が優しく包み込みます。
また、キッチンからリビングまで見通せる空間はオープンキッチンならでは。
「友だちと一緒にキッチンに立って、皆で料理が楽しめるような家にしたかった」と最高に居心地の良い 寛ぎの場所となりました。

SCENE15

美しい木目の間仕切りカウンター

オープンな対面キッチンとの間をほどよく仕切る美しい木目の間仕切りカウンターは、ダイニングテーブル と同じチェリー材で統一することで、空間が広く感じられます。
また、大きなテーブルは食事スペースだけでなく、お子様とのコミュニケーションの場。
お子様の成長と共にテーブルも味わい深く変化していきます。

無垢材キッチンの納品例 KITCHEN GALLREY

実例集無料プレゼント