2018.04.10
ひとつの出会いがつくった「家具から始まる家づくり」

みなさん、こんにちは。

桜前線が北上中ですね。

これから桜景色を楽しまれる方も、既に堪能された方も新しい季節に様々な思いを巡らせていることでしょう。

4月は多くのことが始まりを迎える季節。

家具蔵スタッフも、気持ちを新たにお客様をお迎えしてまいります。

20180410BLOG01.JPG

 

今回はそんなフレッシュな気持ちで毎日を仲良く過ごされる、O様夫妻の家具蔵の家具にまつわるエピソードをご紹介します。

住まいのことはすべてダイニングテーブルから発想し、合うものを考えたというご夫妻。

ご結婚を機に家具蔵でテーブルとチェアを購入した後のご新居選びも、壁の位置や照明、フローリングも含めてダイニングテーブルが中心に考えられました。

そんなお住まいはお二人の人柄を象徴するように自然光が差し込む清々しい空間です。

 

何年か前に自由が丘の街を歩いているときに店舗の外にディスプレイされていた椅子に魅力を感じ、ふと立ち寄ったのが家具蔵とお二人の出会い。

普段の買い物では意見が分かれることもしばしばあるそうですが、家具に関しては二人の意見がぴったりと合ったと言います。

20180410BLOG02.jpg

結婚を機に購入した二人の思い出のテーブルと椅子。

 

「家具蔵さんの家具はとても洗練されていて木の質感が素晴らしく、いろんな樹種から選べることにも魅力を感じました」と語るお二人。

 

お二人が選ばれたのは、使うほどに美しいグラデーションを描きながら、味わい深く経年変化するアメリカンブラックウォールナットのテーブルとチェア。

それ以来、時間を掛けて楽しみながらウォールナットの家具を揃え、空間をコーディネートしていかれたお二人。

「心から気に入った家具に囲まれた生活は、それだけで毎日とても幸せな気持ちになります」

と語る奥様は

「マンションのディベロッパーの方が我が家を訪れた際、『家具がよいとこんなに建物が良く見える』と驚かれていました。マンションのグレードが上がって見えるのでモデルルームでも使いたいとも言っていたんですよ」

と嬉しいお言葉も頂きました。

 

20180410BLOG03.jpg

自然光がたっぷりと差し込む高天井の開放感溢れる空間に家具をレイアウト

ソファは「どの角度から見てもデザインが素晴らしい」とご主人様大のお気に入り

 

安い買い物ではないので家具を購入するときはじっくりと考えたというお二人。

「家具は使っていくうちにキズが必ずつくものです。

それでも良い家具はずっと長く使えますし、キズ自体が味になるような本物の素材であることや、将来工場できれいに補修することもできる安心感などを考えると、今では決して価格的に高いものではないと思ってます。」

 

「この先、どこに引っ越すとしてもまずはこの家具が活かせる住まいに住みたいですし、ずっと一緒の家族のように考えています」

と素敵な笑顔で語るご夫妻の傍で家族同然の愛情が向けられた家具たちが幸せそうに陽光に照らされていました。

O様、ご協力ありがとうございました。

これからも素敵な時間を家具蔵の家具と過ごして頂けましたら幸いです。

 

今回ご紹介した事例を含め、数々の魅力的な事例がたくさん詰まった実例集「LIFE、HOME、with KAGURA」を無料にてご提供しております。

 

詳しくはこちらまで。

https://www.kagura.co.jp/form/catalog.html

 

今回のブログの画像に掲載された家具はこちら

●テーブル カーム

http://www.kagura.co.jp/table/table_calm.html

●アームチェア ヴォーグⅡ

http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_vogueII.html

●ソファ ウィング

http://www.kagura.co.jp/sofa/sofa_wing.html

●リビングテーブル モデルノ

http://www.kagura.co.jp/table/living_table_moderno.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加