2018.01.22
「陽光とメープルの光が共存する住まい」

お正月の頃にはどこかのんびりしていた街並みも、いつもの喧騒と雰囲気が戻ってきたこの頃。

皆さんもお仕事や学校などで忙しい毎日をお過ごしかと思います。

そんな毎日の暮らしに、「ほっとするひととき」を。

無着色であり、無垢材だからこそ出せる木の癒しを活かした家具で本年も多くの皆様にそんな時間を提供したいと考えております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今回ご紹介するのは明るい色調で統一した清潔感のある住まいをつくりたい、という夢を叶えたU様御一家。

やさしい色調のフローリングに家具蔵のメープル材でつくられたソファとダイニングセットの組合せが、爽やかで清潔感のある空間をつくりあげていました。

 

18012201.jpg

太陽光とメープル独特の多彩な表情が絶妙な色彩を醸し出し、やさしい空間に

 

家具蔵を知ったのは御友人のお宅で使われていた家具蔵の家具を見て。

実際に店舗で様々な樹種の無垢材を見て、メープル特有の木目の表情の美しさと「木の真珠」と讃えられるほどの上品な木肌に魅せられ、メープルで家具を揃えることに決めたそうです。

 

なかでもU様のお気に入りは店舗で出会った、メープルの希少な大木から製作したブックマッチテーブル。

天然素材を使用する家具蔵の家具はひとつとして同じ木目のものは存在しませんが、これもそのなかで「運命の一枚との出会い」を果たした幸せな一例です。

 

18012202.jpg

偶然に、しかし運命的に出会ったテーブルの上品な風合いはやわらかなテイストの小物ともよく合います

 

こうして実現した空間のあちらこちらにはたくさんの家族写真と一緒に北欧のサンタクロースの人形や手描きのクロスが飾られています。

どんなテイストのスタイルや空間にも自然に溶け込む、メープル材特有の艶やかな上品さと絹糸のような光沢感。

そのナチュラルで美しい存在感はここでも存分に発揮されていました。

 

たくさんの人形たちは15年の歳月をかけて集められたもの。

「結構高価なので一度には揃えることができなくて」

と奥様は笑いますが、それだけにひとつひとつの人形にそれを手に入れた時の思い出が詰まっています。

 

「本物の家具もお人形のように時間が経つほどに、家族の思い出と一緒に愛着が湧いてきますね。

 無垢材の家具は手触りも良くて、この家具たちには毎日癒されています」

 

“理想の家づくり”は実現し、次なる夢はまだ行ったことのない北欧へご家族で旅行に行くこと。

目を輝かせながら話して下さるその横で、家具たちもキラキラと光をたたえていました。

 

18012203.jpg

 

 

今回のブログでご紹介した商品はこちら

 

「テーブル ヴィンテージ」

http://www.kagura.co.jp/table/table_vintage.html

「アームチェア ヴォーグ?」

http://www.kagura.co.jp/chair/armchair_vogueII.html

「ソファ モデルノ」

http://www.kagura.co.jp/sofa/sofa_moderno.html

 

今回ご紹介したU様邸を含め、数々の魅力的な事例がたくさん詰まった実例集「LIFE、HOME、with KAGURA」を無料にてご提供しております。

詳しくはこちらまで。

https://www.kagura.co.jp/form/catalog.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加