2017.07.31
「異素材の組み合わせがつくる特別な時間」

みなさん、こんにちは。

夏真っ盛りですね。

一年のなかでも夏はまた格別の感情を抱かせる季節ではないでしょうか?

生命感に満ち溢れ、様々な場所で活気が溢れる一方、どこか郷愁やせつなさを秘めた想いも入り混じる…。

ほかの季節とはまた違った「夏の思い出」の特別感は子供も大人も共通です。

今年はどんな夏になるのでしょうか。

 

17073101.jpg

 

さて、今回は湖からの緩やかな坂の中腹に位置する、あるお客様のセカンドハウスのご紹介です。

室内に入ると、森の風景も取り込む吹き抜けのあるゆったりとした空間。

そこを彩る調度品や装飾品はご夫妻のこだわりに満ちたものばかり。

そんな場所に求められるのは、やはりそれぞれが厳選された素材でつくられる「本物」たちです。

 

設計の初期段階から計画を進めた、それ自体がインテリアの一部となるようなオープンスタイルのキッチン。

アイアンやタイルなど異素材を組み合わせた、カントリーや山小屋風とも異なる、甘すぎないインテリアのダイニング。

キッチンと同仕様のパウダールームはライムストーンの床で繋がった、ホテルのようなエレガントな仕上がり。

照明にもこだわった、リビング続きの和室や寝室…。

セカンドハウスらしい特別な時間が過ごせそうな空間のなかで特にお気に入りなのがキッチン。

「脚付き」にすることで軽やかで上品な見栄えのキッチンは、キズや汚れに強い人工水晶の天板を使用し、木部をチェリー材としたものです。

お気に入りのコレクションが並ぶキッチン前面の収納は木と石のフレームキッチンの中に別の箱を入れ込んだように見せ「家具性」を強調させました。

 

17073102.jpg

袖壁の陰になる奥の冷蔵庫には家電をまとめておける棚を作りつけに

 

17073103.jpg

テーブルはあえて耳付きに。モダンさの中にも自然の造形をプラス

 

17073104.jpg

キッチンと繋がるパウダールームは鏡枠もチェリー材で作成

 

「好きなものに囲まれていると気持ちがリフレッシュしますね」と奥様。

 

「見せる」キッチン、美しい家具や装飾品によって日常と非日常が入り混じる魅惑の空間が完成しました。

 

S様、ご協力ありがとうございました。

これからもこちらのお住まい、そして家具と一緒に素敵な年月を過ごして頂けますように。

 

17073105.jpg

 

 

協力:株式会社ビ・ボーン

今回ご案内した情報は家具蔵HP内でもご覧頂けます。

http://www.kagura.co.jp/division/kitchen/

 

また、掲載の御品物の情報はこちら。

・テーブル…「テーブル ヴィンテージ」

http://www.kagura.co.jp/table/table_vintage.html

・チェア …「チェア ダン」

http://www.kagura.co.jp/chair/chair_dan.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加