2014.09.21
秋祭り

先週末、吉祥寺の街が秋祭りに沸きました。

家具蔵吉祥寺店の前を、何基ものお神輿が威勢よく通過して行くと

お客様もにぎやかな音につられて店外へと出られて、しばし神輿見物。

 

Blog1.jpg

 

神様が乗った神輿が街を練り歩くことで、地域の人々を祓い清めて守ってくれるそうです。

担ぎ手の掛け声と共に神輿の飾りの揺れる音を間近に聞くと、パワーをもらえるような気がします。

 

Blog2.jpg

 

また、神輿を先導する人たちの唄う「木遣り」というものを聞いたことがあるでしょうか?

元々は、神社などを建てる際の木材を運ぶ時に唄った労働歌だったそうですが

現在ではこうした地域の祭りの神輿が出る際などに聴くことが出来ます。

昔は大木を切り倒し担いでいくこと自体が一つの行事になっていたのですね。

 

人間は昔から木に対して敬意を払い、共に生活をしてきたのだなと改めて思います。

数百年生きてきた樹を、家具になってもできるだけ永く使っていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加