2014.08.24
「触れたくなる家具」

家具蔵にご来店頂いたお客様でよく見るのが、テーブルの天板を撫でたり、コンコンと叩いてみたり・・・。椅子に座ってくださるお客様も多くいらっしゃいます。

本日ご来店頂いたお客様も、椅子に座るやいなや肘掛の部分を握ったり擦ったり・・・。

伺ってみると、何かを確かめようとしたわけではなく、無意識に触れていたとのこと。

 

ブログ画像1.jpg

 

家具蔵の家具は、1点1点職人が有機的な曲面を生み出し、丁寧に仕上げています。職人の意識の中でも、「後世に残る家具」として、お客様の為に、心を込めてつくっております。

それ故に、細かいところまで気配りがされているのです。

「人がつくるメリットとは、心を込められるということ」

真心がどこかに感じられるから、触れた時の安心感を感じたり、人の心に寄りそう細かいつくりができるのです。

 

ブログ画像2.JPG

 

お近くまで来られた際には、是非家具蔵各店にて、職人の真心を感じて頂ければ、幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加