2014.04.20
A Quality Of Living

表題は直訳で「暮らしの質」。

 

生活を営むという事は「あったら良いな」を発見する連続でもあります。

この「あったら良いな」が実現すればするほど暮らし方のクオリティは上がっていくのではないでしょうか?

写真は引っ越し間もないO様邸のひと部屋。

一見、カタログでもお馴染みなタイプの家具蔵の収納が並んでいますが、注目は右のボード。

 

BLOG0420_1.jpg

 

この通り。ドレッサーに早変わりです。

 

BLOG0420_2.jpg

 

チェリー材独特の暖かい雰囲気が爽やかな空間に映え、清潔感のなかに温もりが生まれました。

 

こちらはS様邸。

こちらも家具蔵では定番といえるサイドボードとTVボードが並んでいます。しかしこの奥のボード、中を開けると…。

 

BLOG0420_3.jpg

 

お盆型のスライドトレー(しかも可動式で高さが変えられます)が収納されています。

 

BLOG0420_4.jpg

 

20年以上の悩みだったという自慢のコレクションたちを収納する理想が叶ったと仰っていただけました…。

こちらもウォールナット独特の表情が、お部屋に彩りを与えつつも落ち着きを加えます。

「あったら良いな」がお客様・熟練職人・スタッフの三位一体となった共同作業により実現すると暮らしの質が上がり、そこには心地よい空間が生まれます。

日々の生活にアイディアと居心地を。

そんなお手伝いがこれからもできるだけ多くの方にさせていただけますことを。

O様、S様、ご協力誠にありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加