2013.03.27
育成プロジェクト

春の足音が日々近づき、ソメイヨシノをはじめ草木が一斉に深い眠りから覚めようとする時期ですが、先日こちらのブログやフェイスブックでもご紹介したケヤキ・ナラ・オニグルミの苗木たちも、春を迎えだいぶ様子を変えてきました。

(小さい画像は前回ご紹介時のものです)

 

ケヤキ

0327ケヤキ.jpg

今にも折れそうな華奢な立ち姿だったのに、こんなに葉が付きました。 どんな大木もこのような時期を経て大きくなるのです。

ナラ

03727ナラ.jpg

こちらも青々と立派な葉を生やしながら、更に数カ所に芽吹きを見せています。これからどんどん枝葉が付いていくのが楽しみです。

 

オニグルミ

0327オニグルミ.jpg

一番の変化を見せたのがオニグルミ。ヒツジの様な冬芽から一気に葉が広がり、その変化にスタッフ一同歓喜の声をあげました。実はこれももう一つ芽があり,さらなる成長が楽しみです。

 

周囲の樹々が表情を変えるのと時を同じくしてしっかりと成長を見せてくれた苗木たち。日々成長する姿を心待ちに見る心境は子を育てる親のそれ、なのでしょうか。

 

もう可愛くてしょうがないのですが、一方でしっかりと生きてきた生命を糧として生きている我々にはそれを伝える使命もあります。責任の重さにあらためて身が引き締まる思いです。

 

ちなみにこの苗木達は岩手から来ました。岩手生まれ銀座育ちのこの子達はお店の前で毎日一生懸命育っています。皆様、銀座にお越しの際は小さな春を感じに是非お立ち寄りになってみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加