2012.09.11
再会の喜び1

処暑を過ぎ、秋の気配漂う頃、湖と山々を望むセカンドハウスに再び伺いました。

 

 

9.11.001.jpg

 

 

 

このチェリーのアイランドキッチンを中心にイメージどおりの空間になって本当に良かった’とおっしゃるS様ご夫妻。

納品から半年、住まいの中心となりさらに深みを増したその佇まいに、再会の喜びが重なります。

木が持つ本来の美しさを活かしたキッチン、カップボード、そしてダイニングの家具。

木の家具は季節を重ねるごとに「時間の色」とでもいうべき、独特の味わいを醸し出します。

 

 

 

9.11.01.jpg

 

 

 

塗り壁や自然石などナチュラルな素材で仕上げられた空間に、奥様が厳選されたアンティークランプや銀食器等、

そして木の家具がバランスよく調和しています。 

 

 

 

9.1111.jpg

 

 

これからも年月とともに表情を変えながら、S様の暮らしの記憶を豊かに刻んでゆくことでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加