2012.08.15
ひとつ屋根の下。

今回の舞台は、武蔵野の地に立つ、人と猫の住まう家。

 

人も、同居人?である5匹の猫たちも、心地よく暮らせる家を・・・

そんな想いで、細部までこだわり抜いたお宅。

 

仕切りは最小限に、視線が抜けるよう、工夫された間取り。

どこにいても、住み手がお互いの存在を感じられる空間です。

 

 

0815-2.jpg

 

 

ダイニングの上は、開放感のある吹き抜け。

気が付くと、誰かが上から覗いています。

 

 

0815-4.jpg

 

 

「部屋らしい部屋は寝室だけ」のこのお宅ではいつでも、

自然と家族が集まってきます。

 

「テーブル ビオス」は、食事に対話に、ご家族の様々なシーンを

演出する舞台になってくれているようです。

 

 

0815 1.jpg

 

 

家族や来客の多いこのお宅では、スツールも大活躍。

肌ざわりの良いメープル材の虜になった?猫たち。

 

 

0815-3.jpg

 

 

職人の手を離れ、ご家族と共に育っていく家具たち。

訪れる人々の演出によって、様々な表情を見せていきます。

これからが、楽しみです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加