2012.08.12
歴史と伝統が息づく街 銀座

今回は伝統と職人技が息づく街「銀座」の紹介です。

 

江戸時代から続く老舗が軒を連ねる街、東京・銀座。

日本屈指の高級な商店街であり文化の発信地で、海外からの

ブランドショップや画廊が立ち並びますが、元々は下町だったため、

細い路地や裏道などに創業何百年という、職人気質のお店も

そこかしこに見られるのが銀座ならでの光景です。

 

そもそもの地名の由来には諸説ありますが、江戸時代

設立された貨幣の鋳造所があり、「新両替町」という名称

だったのが通称「銀座」として親しまれ、今の地名になった、

といわれています。

そんな銀座「西5番街」の一角に「家具蔵 銀座店」はあります。

 

OK1.jpg

 

東京メトロB3出口から徒歩0秒(つまり目の前です)という

立地に建つ2階建ての銀座店。

1Fは床にナラ材を敷き詰めた温かみのある空間に、

ウォールナットやチェリーなど厳選された一点物の天板が

ズラリと並び、通りを歩く人達の目を引きます。

 

ok2.jpg

 

 

鏡張りの壁に囲まれた階段を登ると、2Fは絨毯が敷き詰められたシンプルで

モダンな空間。

 

ok3.jpg

 

 

その繊細なつくりは界隈の目の肥えた方々も感嘆されるほど。

ここにも確かに家具蔵が、そして日本が誇る職人の「技」が根付いています。

銀座でモダンなフォルムに息づく職人技に触れてみませんか?

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加